一体「我々の仕事とは何なのだろう」
 働き方改革で言う「働く定義」から
 「自分の定義を獲得」する人生を選ぶ―

―ハーズバーグやマズローはこの世から
 消えてしまったのだろうか?
 人は意味を求める筈だった―



1)
過日、コロナウイルスで苦悩する看護師さんの
ドキュメンタリー番組を見ました。
徹夜続きで寄り添った人の「死」。

2)
若い看護師は、そのご遺体に頭を下げて
お詫びをしていました。
そして、目にいっぱい涙をためて天を仰ぐ人もいました。

3)
ドクターが、一番危険な場所で戦う番組も見ました。
30歳の若いドクターでも
「いざ、仕事」となるといのちを懸ける。
いのちをみつめる深い番組もあります。

4)
ある消防隊のドキュメンタリー番組では、
燃えさかるホテルに誰かがいることを知って、
部下を抑えて自らが火の中に飛び込んだ高野隊長。
33TTで、起業家養成スクール28期生で
語った実話です。

5)
ドクターヘリの番組でも、何度も何度も涙しました。
仕事への執念と、人間として自らが選んだ職業に
殉ずる姿は美しいと思います。

6)
佐渡出身の軍人「本間雅晴中将」は、
フィリピン作戦ですでに左遷されていました。
敗戦の現地で罪なき汚名を受けて銃殺刑。
妻が罪亡き夫の弁護をします。

7)
銃殺刑の執行時、本間中将は目隠しを拒否します。
前を見つめて、指揮を執る者が銃を持つ者に
「構え!」と命じる声に、 本間中将は
「さあ、来い」と受けて立って逝ったのです。
職業に殉じた人です。

8)
昭和13年11月3日、トヨタ自動車の創業者・豊田喜一郎氏は
作業員と同じ作業服で挙母(ころも)工場の
竣工式で「竣工の辞」を読みます。
「人は任務に生くべし。小我を捨てて大我につけ・・」
昭和27年3月27日に脳溢血で逝去するまでの
約14年は苦労の連続でした。

父との思い出や自分の人生の記録を
執筆中の机が最後です。

喜一郎の無理を思えば私は遊びのような日々です。
享年57歳。
私がトヨタの車しか乗らない理由です。


9)
TTコースでもお伝えしているハーズバーグは、
人間のモチベーションを「衛生要因」と
「動機付け要因」に分けています。
実に納得のいく理論です。

10)
マズローは人間の欲求を五段階に分けた
と言われますが、真意ではありません。
自己実現ではなく「自己超越」が本音でした。

11)
精神科医ヴィクトール・フランクル先生も
同じく自己超越を述べ、
ニーチェは更に激しくも「神は死んだ」と述べて
人間の自立を訴えました。超人の哲学です。

12)
「仕事は人生のすべてではない」という言葉を聞きますが、
私たちは人生の多くの時間を仕事に割いています。
仕事を通して人は貢献意欲を満たす生き物であり、
苦悶は当然ありますが挑むから精神を崇高にさせます。

13)
新型コロナウイルスに医療従事者が懸命に挑む
番組を見る度に、
生きるとは何か、
仕事とは何かを考えさせられます。

14)
コロナの集中治療室は戦いの連続です。
コロナという「未体験の病」に挑む医師たちは
あらゆる方法を徹底して議論し、
100%の勝算が保証されない治療に、
未体験を超えて失敗し、
時には泣きながら挑んでいます。

15)
若い医師はコロナの前に結婚しましたが、
新婚の甘い生活どころではなく、
病院で仮眠しながら救急に挑み、
甲斐なく亡くなる患者の前でうなだれていました。

16)
「ストレスは危険なもの」という考えは
85年前のラットの実験を理論化したものです。
誤りと知ってか知らずか今も信じられています。

看護師の8割以上は過酷さに耐えて、
「人を救いたい」と考えています。

17)
私は素人ですが、ストレスに立ち向かう
肯定的考えがあれば、逆に「レジリエンス」や
「グリット」を身につけます。
スタンフォード大学での、
キャロル・ドゥエック先生の
マインドセットも、
可能思考メソッドと同じ脈絡です。

18)
日本に産業を起こし、仕事や経営を通して
富国政策に打ち込んだ渋沢栄一は、
必死に物事に挑み、我々に教訓を示しています。

19)
このコロナ集中治療室の看護師の崇高な仕事ぶりは、
頭が下がる思いです。
一時的に心を病み辞めた看護師が
病棟に戻る場面は感動です。
意味をもつ者は強い。

定年退職後に人手不足で復帰する看護師長は、
ベテランらしく冷静に挑んでいます。

20)
131名の看護大学卒の新人の中で、
一番危険な「コロナ集中治療室」に志願した6人は、
医療用の防護具を装着して仕事につきます。
以前の番組でみたドクターヘリの医師は、
救助できなかった遺体の前で涙を流していました。

今日は、何故か、仕事について考えました。
私の静かな一日のリフレクションです。
一度決まった法律ですから遵守します。
しかし、私は孫達に聞かれたら、
働き方改革で言う「働く定義」から
「自分の定義を獲得」する人生を選べ
と勧めるつもりです。

働く条件はとても大切です。
でも、今、意味や目的を求める教育が
欠如しているような気がします。
WHY・・・・・・は自分への質問です。 
今日は肩苦しくてすみません。
―コロナウイルスは変異ウイルスになり
 多くの人がストレスを感じています―

―ストレスは悪いものという固定観念を捨てる
 それよりも前向きに感染予防対策が重要―



1)
ストレスは悪いものという考え方が
蔓延していますが、
ストレスが溜まって騒いだりすると
ウイルスの思うつぼです。

人によって答えは違うでしょうが、
時間があまる人はどうも幸せ感が
稀薄なようですね。

2)
ストレスに関しては、
「THEマスターコミュニケーション」でも
約一日ほどとりあげて講義しています。
ストレスを活用することですね。
御参加された方々覚えておられますか?

3)
恐れはストレスですが、そのように感じたら
事前の一策を考えて、ウイルス感染予防策を
考えてストレス解放が最良です。

4)
以前、月刊『理念と経営』の
社長力・管理力・現場力の三位一体論で、
「目標実現とストレッサー」を書いたことが
あります。

5)
可能思考(やれる、出来る、チャンスだ、
肯定的な解釈能力)メソッド
「獲得する一つの方法・方式・技法」です。
SGA(LT・PSS・PSV)目標実現コースでの、
目標の立て方を覚えておられますか?
ビジネスSGAも始まります。

6)
可能思考メソッド=SGA目標実現コースは、
かなり科学的に教育カリキュラムが組まれています。
SGAのゴールの一つは、社員さんを
目標実現アンバサダーに育てることです。

7)
連休は「箕面加古川山荘・明徳庵」で
過ごしましたが、グリットカンパニーの12の条件
の一部分も書き終えました。

8)
グリット(GRIT)とは、
やり抜く力という意味あいになりますが、
そういう会社になるためには人財が不可欠です。

9)
5月15日は、『理念と経営』経営者の会 全国大会で、
小正醸造の小正社長が記念講演し、
その後、「何故、成功できたのか?」
私が補足講演をします。

現在700名程のご参加ですが、
小正醸造の新規事業の「成功要因」を語ります。

10)
一昨年の全国大会は、1200名程でしたが、
スターバックスの創業者「ハワード・シュルツ氏」
の志と経営手法でした。

11)
今年はあまり発行人が表に出ずに、
記念講演はどなたかにしてもらい、
私は成功のポイントを具体的にお伝えします。
成功のためにはコンセプトが大事です。

12)
小正醸造の成功要因の一つは、
社長力・管理力・現場力の
起業家精神だと言えます。

講演では、何故その精神が日本から
消えつつあるのかをお伝えします。
起業家精神は成功には不可欠です。

13)
起業家精神はどちらかといえば、
父性社会の方々は強いようです。
あくなき戦いであり、
母性社会の日本は過剰母性で慈愛です。

14)
鬼滅の刃は、企画室の福島君に聞いて
すぐ翌日に見に行きました。
見事に父性と母性が鮮明な映画でした。

15)
月刊『理念と経営』の三位一体論の中で、
この鬼滅の刃の社長力・管理力・現場力の
三位一体論を書いています。
父性社会の長短と、母性社会の長短を
述べています。

16)
日本人の精神科医で、鬼滅の刃に関する
父性と母性を書いた方がいます。
月刊『理念と経営』にも寄稿下さった先生です。
妙にコンテキストがかみ合うのです。

17)
今日のテーマは、忙しくしている人と時間が
あまっている人はどちらが幸せ感を持つのか?
ですが、どちらがストレスになり、
遣り甲斐や生き甲斐を持つか?です。
生き甲斐は衛生要因では生まれません。

18)
鬼滅の刃に触れた精神科の先生は、
コルチゾールにも効果が潜むことを
ご理解されていると思います。

目標実現には、ストレスホルモンが悪者ではなく、
上手に活用することもご著書で述べられています。

19)
私は専門家ではなく素人ですが、
ストレスの為にストレスを溜めるより、
活用する必要があります。
変異したコロナウイルスは不安ですが、
それよりも前向きに感染予防対策を
取った方が賢明です。

20)
ストレスは悪いものという固定観念を捨てて、
柔軟に取り組むことが大切です。
NHKの大河ドラマも、渋沢栄一が慶喜公に
仕える頃ですが、最大に困難や逆境という
ストレスをバネにされています。

大阪も緊急事態宣言が長引きました。
お互いに負けないように前向きに
明るく策を練りましょうね。

5月15日の『理念と経営』経営者の会 全国大会、
お待ちしています。

ストレスの少ない生活を送っている人たちは、
意外にもあまり幸せを感じていないことが、
研究によって明らかになっています。

多くの人は「こんなに忙しくなかったら、
もっと幸せになれるのに」と思っていますが、
実際は正反対なのです。
やるべきことが多すぎるくらいでも、
忙しい人の方が幸せを感じています。
―何事も時間はかかりますが、人財育成に対する
 コミットメントの弱い企業の弱体化が始まる―

―世界の投資家「ウォーレン・バフェット氏」は
 投機をせずに投資をして10兆円をつくった人―



1)
ウォーレン・バフェット 氏は、
私がスタンフォード大学に行った折から、
長期的投資をされて企業を育成した方です。

2)
渋沢栄一翁は日本初の銀行を創る時、
ある財閥が資本金を大量に拠出する申し出をします。

3)
今のような強欲株主資本主義を
忌み嫌いましたから、敵対的な買収を
仕掛けてのM&Aはしていません。

4)
加来耕三先生の
「渋沢栄一と岩崎弥太郎」の講座は、
経営者や幹部は「一般論」として
耳にした方が良いです。

5)
京都・社長塾の第一講座は
「第18期は全て渋沢栄一の論語と算盤」です。
現代語訳は味がありません。

6)
ご自分が日記のように遺された大正初期の
文献・書物が基本の講義教材です。
非常に分かり易く講義しています。

7)
渋沢栄一翁が投資をする目的は
「投機的な金儲け」ではないのです。
ドラッカー博士はそのことにも触れています。

8)
ただ、富裕層を先に育てたことは事実です。
富裕層を育てて、富国政策として
公益に尽くしたわけです。

9)
ウォーレン・バフェット 氏も同じ哲学です。
リーマンショックでは痛い目に遭われて
いますが、ビクともしない。

10)
今までも、色々な発言をされていて、
過度な投機筋には警告を鳴らしておられます。
今回は個人投資家に対してです。

11)
つまり、単にお金が儲かれば良い
というのは投資ではなく、
「かなり際どい投機だから火傷するぞ」
というメッセージです。

12)
ただ、株式投資を通してマクロ経済や
世界の抱えるリスクなどを
勉強することは勧めています。

私は時間があれば株式担当に
直接電話で色々な質問をします。
長い時は3時間近くも学びます。

13)
横道にそれましたが、
中之島公会堂の建築資金を寄付した人は
「当時の投資家のお一人」です。
最後は大暴落でピストル自殺です。

14)
日創研の会員企業様にも、金儲けが目的で
デリバティブに手を出した方は全滅です。
〇億近い損失もあります。
最近、あまり顔を見ないな!
(よく周囲に聞くとロクなことはない状態です)

15)
また、そういう人に限って教育投資をしません。
金が金を生むシステムよりも
「人が主役」の経営が永続しています。

経営財務と実践理念経営が、
6月から始まります。
かなり、深い管理会計と実践理念経営塾です。

16)
今までのような感覚では経営はできません。
日創研は色々な情報を収集して
皆様にメソッドとして提案しています。

?新しい時代の社長学
?経営理念塾上級コース
?コア・コンピタンス経営
?マーケティング戦略
?戦略策定会議の開催支援
(新しい時代の社長学)
?20名以上の経営方針・プログレスサポート
?各種診断と企業内研修

17)
一番取り組んでいただきたいのが、
目標実現アンバサダーの育成です。
いち早くSGA(目標実現メソッド)へ
ご派遣された方が賢明です。
 

●社員さんの声
(可能思考メソッドへ行きたがっていますよ。
 株式投資ですか?人財投資ですか?)
?
4月26日(月)目標実現アンバサダー大会に
オブザーバーとして参加しました。
6名の発表者のプレゼンテーションを聞いて
感じたことは、目標を高く持ちその目標に対して
期限を持ち行動が伴っていると感じました。

18)
?
私自身も目標を明確にして、期限を持ち行動が
伴うようにしなければならないと感じました。
またお客様のことをよく観察することが大切であり、
観察した上で新しい提案が出来ると思いますので、
お客様を知ることが重要であると感じました。

19)
?
6名の発表者全員に共通していたことは、
自分から積極的に動いて会社を巻き込んで
変えようとしていたことでした。
最後に発表者全員がプレゼンテーションが
上手であり、私自身もあのような
プレゼンテーションをできるようになりたいです。

●「感じました」「○○したい」の場合は、
「思っています」と同じで
「アクションが抜けている」。
コミットメントの高い人は動詞のみを使い、
助詞、助動詞は使わない。
「○○をする」で退路を断つ。

?
この度は良い学びの場を与えて下さり
ありがとうございました。
私も更に目標に向かって努力します。

20)
月刊『理念と経営』の
「社長力・管理力・現場力の三位一体論」は
経営者同士、社内では必ず幹部と経営者で
ご議論ください。

この企業様は、人財育成に費用をかけています。
目標実現アンバサダーの育成が急務です。

―上皇陛下へのご講義を担当した
 S社長のお人柄と経営能力
(未来の農業のためという判断基準)―

―田舞塾にご夫妻で毎月ご参加され
 「未来の農業のあり方」を
 ディスカッションされる光景が未来を創る―



1)
社長・幹部のためのビジネスSAには、
月末月初の中、多くの方にご参加いただきました。

熱心に学ばれました。熱意あるところ道ありきです。
誠に心から感謝の意を表します。

2)
先日、田舞塾の教育ケースの整理や設問づくりを行いました。
現地視察をして、その上での
現地でのケース・メソッド授業の計画でした。

3)
緊急事態宣言で身動きが取れず、
残念ながらオンラインです。
群馬県に映像撮影のために担当者が3人行きました。

4)
ドローン空撮で、広い広い農場などを撮り、
二度目の教育ケース提供者のS社長が
オンラインで説明してくださいます。

5)
農家が選ぶ「未来の農家」ランキング
(週刊ダイヤモンド2021年3月20日号)首位を、
2年連続で取っている企業です。

編集部のインタビューでのS社長のお答え
「これから数年間、野菜農家は厳しくなる。
 価格が暴落するから、残れないところが
 はっきり線引きされる」

6)
その後、新型コロナウイルスの感染拡大もあって
野菜の価格は乱高下し、
S社長の「予言」は現実化しつつあります。

7)
S社長は、TTコース終了後はファシリテーターをされ、
ビジネススクールやコア・コンピタンス経営など
多くを学び、田舞塾は奥様とご一緒に
もう5年以上続けておられ、
企業内研修も導入されています。

8)
非常に苦しい状況の中を乗り切り、
今や40数億の売上をあげられ、
10%近い経常利益を上げておられます。

まさに「継続は力」です。
インテリジェンスの高さ、
リスクを取るだけの理念と経営戦略は見事です。

9)
ある時は機械に投資して、
これが失敗すればそれが水泡に帰すだけでなく、
取引先への野菜の供給が先細りになり会社として
将来の成長の息の根が止まる状況もありました。

10)
稼働する前日まで眠れない日が続き、
血便は出るし、挙げ句の果てには
「失禁までして自分を失うような体験」
もされています。

努力は決して裏切りません。
企業経営は真剣でないと戦えないのです。
我々は評論家ではない。

11)
S社長は、自分でわからないことは研修に行ったり
講演を聞きに行き勉強していました。
人数が多くなるとそれもうまくいかない。
幹部社員に勉強させていなかったことを深く反省をされ、
自分で学んで良かったと思う研修には、
幹部に参加させることを決意して、
日創研の可能思考メソッドで学ばれたりされています。

企業内研修も毎年開催されています。
社員数も200数十名です。

12)
「2007年から、マネジメント養成と業績アップに
 参加させていますが、受講した幹部のいる部署は、
 不思議に業績が良くなり、ある部署は
 売上も1億円伸びた」
と、S社長は述べています。

13)
基本的な事、経営感覚を学ばせることの大切さを
痛感して、他部署の幹部社員さんも、
セミナーへの派遣を積極的に進めておられます。

14)
今後、世界は食糧と水の奪い合いが、
国家間での戦争の火種になるでしょう。

戦略と実行方法は、
・保存料を使用していない
・少量多品種生産
・グループ全体で農業価値を高めようとしている
・ヒット商品のカテゴリーが広い
 (野菜、蒟蒻、漬物、キット、冷凍など)

15)
新しい時代の社長学は、
経営理念と経営戦略など、
トータルな経営資源の最大活用を学びます。
・40アイテムの野菜を扱って・商品開発力がある
・手元キャッシュがある・利益体質・資金調達力がある

16)
今後、農業は日本の国にとっても、
国民にも絶対不可欠な問題となります。
唯、並の努力では成功しません。
・ISO22000、FSSC22000、有機、G-GAPを取得している
・自社独自の機械やシステム開発ができる
・6次産業化を実行
・社会の変化に対応できる体制がある
・壊滅的な天災が少ない

17)
上皇陛下が在位されておられる頃、
S社長は御前での農業に関するご講義を
されています。
農業界では革新児であり、次の百億は
すでに明確にビジョン化しておられます。

18)
農業の視点から海外にも情報の根を
張っておられます。
正しい情報をお持ちで、アナロジーも正確です。

19)
田舞塾のメンバーは、人生の目的が自己実現。
仕事を通しての社会貢献。
トライしての新市場の獲得が生き甲斐です。

20)
たくさんの素晴らしい個性的な人が揃っておられますが、
みなさん気さくで、志の高い人が集っています。

企業の大小に価値を置かずに、いかに飛躍していくか?

かなりの経営情報や知識がいりますが、
だからこそ「挑み甲斐」があるのです。
「甲斐のない」ものに対して、挑むとは言いません。

?社員の自主性を高め・主体性を磨く。
?自分で経営の判断力を若いうちから持たせる。
?人間力・考える力・仕事力・感謝力を追求している。

コロナウイルスの問題は、こうした3つの
?マインド
?計画と目標
?スキル、ノウハウ、応用
を身につけさせる絶好の機会です。
 

―オンラインビジネスSAの責任者に対し、
 「あの人はいつもよく頑張っているものね」の激励の声―

―3日間は新緑に囲まれている
 「箕面加古川山荘・明徳庵」で無事に原稿を完成―



1)
連休はいかがお過ごしでしたか。
私は久しぶりの休暇で明治の森・箕面国定公園内にある
「明徳庵」で過ごしました。

2)
毎年、5月になると緑一色になり、
心が晴れ晴れとなります。
箕面川には、親子連れが水遊びをし、
瀧道は人の行列です。
音羽山荘は一棟貸しや、
川床などで、制限をかけての営業です。

3)
「明徳庵」は100年以上たつ建物で
木造で4階建てですが、目の前の箕面
「学問の道・時習堂」に行っては本をひっぱり、
「グリットカンパニー論?」、月刊『理念と経営』の
「社長力・管理力・現場力の三位一体論」
を仕上げました。

4)
5月15日の『理念と経営』経営者の会
オンライン全国大会の講演レジュメをまとめました。

小正醸造の小正社長の素晴らしい講演後、
「何故、新規事業が成功したのか?」
そのフォロー講演です。

小正社長は起業家養成スクールOBの模範生ですが、
10数年日々の困難によく耐えての成功です。

同じ成功でも、天から降ってわいたような幸運
もありますが、自らの意志で挑んだ成功には
異なる悦びもあるものです。

5)
香川での全国大会・講演テーマ
「空海ならこのコロナ問題を如何に考えるか」
も無事完成しました。

6)
岩波書店の日本思想大系は、
道元さん、最澄さん、親鸞さん、弘法大師・空海さん
の思想を伝えてくれます。

「明徳庵」の正面を一分歩くと、
古刹・瀧安寺さんの境内があり、
そこのお堂で書物を広げたり瞑目します。

滅多にない機会ですが、この箕面山一帯は
役の行者(えんのぎょうじゃ)の終焉の地であり
箕面の瀧の横が修行場だったようです。

開山が約1350年ほど前で、空海さんも
この箕面山根本道場で修行されています。

7)
高野山はよく行った場所です。
JCの後輩が以前「金剛峯寺の管長さん」
をされていましたから、
近畿地区大会も行なわれました。
青年会議所全盛の頃です。

私の故郷の平戸島には、
西の高野山と言われる「最教寺」があり、
昔は88カ所のお寺参りもあった所です。

伝承に、空海さんは平戸から遣唐使として
出発したとか、五島から旅だったとか
書物によって異なります。
 
8)
両方とも嘘ではなく伝説でもなく、
伝承・言い伝えのようです。

臨済宗を起こした栄西は平戸島の記録はありますが、
日本最初の禅寺は伝承のようです。

9)
随や唐や宋や、道を求めて多くの人が
修行のために平戸を旅だち、
海の藻屑になった人も多くいるようですね。

10)
さて、連休前の4月29日?5月1日の
ビジネスSAには多くの方々にご参加いただきました。

11)
3日目の最終では、オンラインの機器の不具合で
8名の方々にはご迷惑をおかけしました。
ご寛容に不具合をお許し下さった方々に
感謝申し上げますと共に、
5月29日からのビジネスSAは万全を尽くします。

12)
本来はホスト一つで開催予定でしたが、
急に参加ご希望が増えて
ホストを二つにしたことが要因です。

13)
ご参加いただきましたM社長には、
「担当責任者の○○さんはいつも頑張っているから
 大丈夫です!」と、逆に激励です。

14)
事実、担当責任者と昨年の新人コンビは、
実に見事な仕事ぶりで「先輩と後輩」の
コミュニケーションの良さは見事でした。

15)
仕事にも呼吸があり、息を吸う時と、
逆に息を吐く時のタイミングがずれると
シナジー効果は出ません。
協働の自発性・共通の目的、
コミュニケーションが重要な所以です。

16)
今回は大手の企業様のご参加もあり、
シナジー効果と逆の
「顧客不満足をつくり」
「モチベーションを下げ」
「組織の混乱を招く」
その原因の講義をしました。

17)
また、皆さんも無意識にストレスをお持ちですから、
日本人のストレス解釈の誤解の講義もしました。
逆説的ですが、ストレスは悪いというのは
正しくないのです。
悪いという考え方が悪化を招くのです。

18)
5月3日の夜は、NHKの
「産婦人科」で起きるいのちの番組をみました。
「透明なゆりかご」の第二話「母性ってなに」と
第三話「不機嫌な妊婦」です。

若い看護師見習いの女性が、
高校生が産み落としたいのちを抱きしめながら、
「赤ちゃんはいらない」と自暴自棄の高校生の母の
言葉に、怒りの涙を流すシーンは、考えさせられます。

19)
出産まで、絶えずイラつく不機嫌な妊婦を理解
できない女子看護師が、イラつく理由を知るシーン。

NHKは良い番組を創りますね。
第三話「不機嫌な妊婦」です。
罵声を浴びながらも、命を考える女子看護師は
仕事がら堪え忍びます。

ある日、先輩が事情を教えてくれるのです。
同じ病棟の五階を指さし、
「妊婦の夫が手術の際の全身麻酔のミスで、
 脳停止状態で死を待つのみ」を伝えます。

女子看護師は、いじわるされても、怒鳴られても、
妊婦を労わるように耐え続けます。

夫が息を引きとる前に無事出産し、
意識のない夫に、泣き叫ぶ赤ちゃんの声を
聞かせようとするのです。

5月3日は、オリンピックで戦い敗れる選手の
ギリギリの自己葛藤に、
実に深く考えさせられる一日でした。


2021年5月15日(土)の
『理念と経営』経営者の会
第3回オンライン地区合同全国大会にて
ご講演いただく、小正醸造株式会社様も、
与えられた環境で精いっぱい頑張っておられます。

今この時に小正様のご講演をお聞きいただくことは
必ず、皆様にとってプラスになることと思います。

―出来る・やれる・可能性を探求する
 こうした経営姿勢が幸運を招きツキを呼ぶ
 運もツキも呼び込む―


―あっという間に初日が過ぎましたが「凄いご受講生が多く」
 私が圧倒されました―

 
1)
昨日から社長と幹部のビジネスSAコースです。
オリエンテーションは丁寧に行いました。定員を超えたことで、
システムの対応がギリギリとなり、ご迷惑をかけました。

2)
オンラインのシステムも難しい部分がありますね。
人間よりも機械のほうが気分屋さんのような気がしました。

3)
ハーバードビジネスレビューや、スタンフォード大学の
大学院の主張=リーダーに不可欠なアウエァネス(気づき)の
仕組みの講義です。

4)
気づきの能力は同じですから、
「気づき」を高めるメソッドで可能思考を身につけると
色々な可能性が見えてきます。

5)
経営革新も,いってみれば「気づきの深さ」で
うまくいったり、いかなかったりします。
成功の因も失敗の因もすべて気づきで決まります。

6)
リーマンショックでひどい目に遭った方々も御参加ですが、
そのご体験から「ビジネスモデルの変革」に成功されて業績絶好調。

7)
感動しましたのは、ビジネスSAに参加されたら
「素直にご受講生」になられ、
最初から前向きに実習にもチャレンジです。

8)
どうしたら「成果」や「結果」をつくれるかについては、
トライ&エラーしかないでしょう。
挑まなければ失敗もないかわりに成功もない。

9)
トライ&エラーには好奇心がいります。
目標に対するコミットメントの存在がいります。
本気・没頭することです。
 
10)
西東京経営研究会の勉強会「今こそ可能思考を学ぼう」
の2時間例会が開催されたようです。
良い企画ですね。

11)
目的は、?可能思考の学びの必要性とオンライン可能思考
派遣促進だそうです。
小峯会長(23TT)協力のもと開催の報告です。

12)
派遣計画がうまく進んでいる企業事例として、
会員の?NTSロジ様のプレゼンテーションがあったよう
ですが、お礼を申しあげます。

13)
今日は、社長の責任、幹部の責任というテーマで
ディスカッションをして頂きましたが、
一部上場の社長は「成果を創る事」と明確です。

14)
株主に対してのことではなく、
結果は働く社員さんへの責任です。
社内は100%コストです。
社外(お客様)がコストを賄い結果を残しています。
だから経営活動の中心は「顧客づくり」なのです。

15)
S社長が、過日の目標実現アンバサダー大会に参加した
新入社員さんの感想文を送付くださいました。
合計8人分です。

16)
先ず、お一人の感想をお読みください。

「4月26日(月)、目標を明確にしそれに向かって努力され、
 目標を達成して堂々と発表された6名の方々の姿に
 心からかっこいいと感じました。

 自分には目標がありますが、しっかり期限を決め
 それに向かっていくという段階には程遠い状態にあります。
 なのでまず第一歩として、一年以内に目標を明確にし
 それを達成するまでの期限を決めるという目標を立てました。

 そして2年目以降に、ぜひ自分も目標実現アンバサダーに
 挑戦したいです。
 最後に、第一発表者の角倉さんが言っていた
 「私は周りを巻き込んで楽しんでいる男です」という言葉が
 すごく心に残っているので、
 ぜひ同期の仲間や働く仲間を巻き込んで、
 みんなで目標実現アンバサダーに挑戦したいです!」

17)
文章の前後には、きちんとS社長へのお礼や
感謝の言葉もあり、若者もきちんと躾けられていて
嬉しい気持ちです。

18)
いまこそ、初心に戻る。いまこそ経営理念に戻る。
今こそ自社のミッションに戻る。
ビジネスSA参加者の感想メールです。

19)
気づきを高める方法は、志を高めることですね。
低い志では物事の本質が見えません。
その志実現の為、知識や情報も必要です。

20)
コロナウイルス感染が広がりご不安な方もおられるでしょう。
でも、すべては始めがあれば収束は時間の問題です。
世界中が収束して、インフルエンザのような
受け止め方が出来るように祈るのみですね。
―丸和運輸機関の和佐見勝創業者・精神が鍛えられている人の
 言葉は違う・同じ年齢ですが私は未だ子供―

―「逃げるな、あきらめるな、負けるな」の言葉の背景には
 自己修養と深い経営知識が含まれている―




1)
丸和運輸機関の和佐見創業者は年齢が同じですが、
和佐見さんは凄い人物であり、深い深い経営の智恵があります。

2)
日創研にご講演に来ていただくのですが、講演料は取られない。
我々は一番困るわけです。田舞塾や新春経営者セミナーなど、
コーヒーを飲みながらお話しても普通に振る舞われますが
威厳があります。

3)
非常に実践を重んじられます。
この方もFIX(走りながら考えて修正していく)の手法です。
情報・判断力・覚悟がいります。
2021年3月期第二四半期決算概要は、
売上113%、営業利益127%です。

4)
さて、過日の目標実現アンバサダー大会のメールや
お電話や、「うちも目標実現アンバサダーを育てたい」
声がいっぱいです。

5)
34TT現役のM社長のメールです。

「本日アンバサダーグランプリ大会に行ってきました。
 ?????全国で選りすぐりのアンバサダーがSGA(PSV)の、
 その後の「目標実現」を発表します。
 素晴らしいですね!人が「本気」でなりたい姿を目指す
 ひたむきさに感動しました!
 なりたい自分を実現し、お客様に貢献し、
 働く仲間にプラスの影響を与える。
 一度しかない人生でこんなに素晴らしい成果って
 あるでしょうか?
 みなさん、めちゃくちゃ生き生きとして
 スゲーかっこよかったです!燃えてきたーーー!!」
 

6)
このM社長さんはO社長のご紹介で日創研の私のSAコースでした。
三日目は講師とご受講生ではありません。友情です。

7)
経営に熱心。学ぶ事に熱心。
経営理念塾も奥様とご一緒に学ばれて、
34TTに約束通りに参加されて、オンライン越しで目つきが違います。

8)
ある方のメール

「本日より、大阪、兵庫に緊急事態宣言が発令されたため
 お酒の提供は禁止、20時までの営業となっております。
 居酒屋でお酒の提供禁止って・・・
 2店舗休業することに決定しました。
 お店を開ければ開けるほど赤字になるという悲惨な状況です。
 今まで行ってきた、アクリル板設置、店舗の除菌や
 空気清浄機の設置は何の意味があったのだろうと
 思わざるをえません。
 1年以上コロナと政府に振り回されており、
 この1年、会社は大赤字ですが前向きにとらえると
 色々なチャレンジができたと思っています」
 
9)
こういう状況にあってもこの社長も学んでいます。
アメリカの医薬品メーカーは、
来年はコロナ対策ワクチンの生産縮小を発表です。

10)
人間には誰もがその人らしさを与えています。
自分らしさとは何か!答えは出なくとも問う事が答です。
3人さん共、未だ答えを得ている気持ちはさらさらない。
だから、偉大です。

11)
北海道北斗市(函館のとなり、ほぼ函館)からのメール
??
「????エンターテイメントリサイクルショップの
 七重浜店の副店長をしてます!
 今回TTには社長から今後を期待されて
 参加する機会をいただきました。
 すごい期待してくれてるんだな、ありがたいな、
 でもなんで自分なんだろう?もっとできる先輩も
 店長もいっぱいいるのにな?
 現場でもやることいっぱいなのにどうしよう。
 やるしかないよな。とかとか正直思ってました。」

12)
良い会社様の素晴らしい社長に恵まれていますね。
僕は「与えられた訓練の場」を大いに使うべきだと思います。
 
13)
北海道の方のメールは続きます。

「しかし第一講を終え、要約とレポートを作りながら、
 自分が少しずつ変化してるのを感じまして、
 あぁ求められてるのは成長なんだなと感じました。
 たくさん気づいて来いってことなんだなと感じました。
 それからどうするか考えなさいってことなんだなって
 感じました。」

14)
この4行が、エクスペリアンス(体験)後の
リフレクション(反省・振り返り)です。
これを超えて気づきになります。
是非、頑張って頂きたいと思います。
与えられた境遇を甘んじて受ける・・
それが渋沢栄一翁の天命論です。

15)
「先週はビジョン経営沖縄セミナーを受講し
 ビジョンを掲げました。
 掲げましたがそのビジョンは小さい小さいビジョンでした。」

16)
この方も長いお付き合いです。
ご夫妻でビジョン経営沖縄セミナーを石垣島で学び、
羽を伸ばしてのビジョンづくりです。

17)
ご夫妻で参加の方のメールは続きます。

「壮大なビジョンを創るために受講したのに
 何て小さいビジョンなのか。
 やはりまだまだ人間の器が小さいということでしょうね。」

18)
僕はそう思いません。ビジョンに大小なしです。
今いる社員さんやお客様のご満足を作っているとしたら
大小は考えない事です。

19)
昨日は京都社長塾でした。
私のテーマは第一、第三講座「渋沢栄一の天命論」でした。
第二講座は長谷川仏壇の長谷川相談役の講義です。

「十有後にして学に志し、三十にして立つ、
 四十にして惑わず、五十にして天命を知る」

20)
今日からビジネスSAコースです。
社長と幹部の限定オンラインセミナーですが、
事前情報では増収増益が58%です。
連日のセミナーで疲労困憊ではありますが、
「孔子のミッション(天命論)」を話しながら
モチベーションを上げています。

107歳で亡くなられた昇地三郎先生に頂いた色紙と
お言葉が思い出されます。
「教壇で死ぬる」とか、無理をしたほど長寿です。
―社長や幹部に人を育てる熱意さえあれば人は
 育つ・目標実現アンバサダーには哲学がある―

―審査員の皆様のコメントには「困難を乗り越えた人物」
 の「体験的裏づけ」がある―




1)
目標実現アンバサダーのプレゼンテーションの
凄さに胸が熱くなりました。
若者たち1391名の代表6名に教えられました。

2)
とくに、コメントされた審査員の方々の
お言葉に、アンバサダーの意義の理解を
逆にお教えいただきました。

3)
TTコースのファシリテーター経験や、
日創研経営研究会での緻密なお世話役のご体験が、
本質の議論をつくり上げるのだと思います。

4)
こうして、無事に目標実現アンバサダー大会が
修了しましたが、これも一つの途上としてとらえ、
各選手の明日への羽ばたきを祈念します。

5)
負うた子に教えられるではありませんが、
高卒で入社し、現在副工場長として活躍している
「有限会社オートアロウ」の 村木竜さん。
高校を卒業後に、オートアロウに入社され、
22歳で副工場長で活躍です。
目標は工場長で「努力継続賞」です。 

6)
また、「ライフマインド住宅販売株式会社」の
角倉僚介さんは、ハウスドゥさんの
不動産事業や建築関係の仕事です。
お世話になっている溝俣社長の社員さんです。

チームリーダーとして業績に向上しており、
意識次第で可能性は高まるという、
若者らしい発表で「会社貢献賞」でした。

7)
3人目は、社風向上賞に輝いた
「株式会社玉寿司」の山田公平さんです。
多店舗の5S部門で12か月連続受賞の体験談でした。
ご両親も故郷から見ておられたようで、
山田さんの明るさは玉寿司さんの宝です。

8)
今回は442名の御参加で、
企業様も第一回目の倍近いもので、
とても光栄です。

来年は更により良いものにします。
最大の成功要因はコメントされる審査員の方々の
的確なアドバイスです。
私が感動しました。

9)
パートナー講師の方々も御参加でしたが、
ご自分担当のご受講生が入賞すると、
大変な喜びようでした。

可能思考メソッドは、
リアルがまだ開催できていませんが、
変異株ですから、我々も慎重に取り組みます。

10)
自己成長賞は、株式会社まなぶの
岩佐広人さんでした。

児童の放課後等デイサービスの事業ですが、
本業の資格勉強に熱心です。

八木社長も人財育成には熱心ですが、
岩佐さんの熱意には驚かされました。

11)
優秀賞は、日創研でも有名な
「株式会社びわこホーム」の
森島靖子さんです。

否定的で後ろ向きだった彼女は
SAのアウェアネス・メソッドで目覚めました。
できる・やれるの権化のような人です。

12)
日創研のご受講生が前向きなのは、
ある面「学ぶ場所」が少なかったのだろうと
思いますが、学ぶ手順を示したことです。
 
13)
仕事も手順を誤るとうまくいきません。
王道は可能思考能力からですが、
ビジネスメソッドをお勧めしています。

14)
今回の目標実現アンバサダーは、
一人ひとりのプレゼンテーションと社長の感想。
並びに審査員のコメントを動画にまとめます。

15)
本当に素晴らしいものです。
審査基準は審査員の方々がファシリテーターのおりに、
13の徳目や、理念と経営・共に学ぶ会など、
大筋の事柄をアドバイス頂いた経緯があり、
ご一任してきました。
 
16)
TTの進化は、こうした方々のご努力や
アドバイスのお陰です。
今回は少しご迷惑をおかけしましたが、
コミュニケーションの難しさは痛感しました。

17)
最優秀賞は、
株式会社セルビスの宍戸堅一さんです。

葬祭事業で売上がどんどん落ちていく中、
人をまとめ、リーダーシップを発揮。

提案営業に切り替えて、
スタッフに自社の経営理念を訴え、
お客様が喜ぶスタイルに変えて、
前年対比を120%超えています。

18)
人は育つという確信を得た一日でした。
コロナは辛いですが、コロナよりも怖いのは
人が育たない社風・企業文化です。

19)
うまくいっていない社風の企業は、
必ず昨日のような「目標実現アンバサダー」が、
その社風を健全にします。

20)
1391名の中から選ばれた6名ですが、
それにしても「審査員」の方々の
コメントが心に残ります。

平松審査副委員長にも感謝です。

皆さん、中小企業にも可能性は
いくらでもあります。

そのカギを握るのが「人」であり、
目標実現アンバサダーです。

全社員を「目標実現アンバサダー」に
していく決意をされた社長からの、
のメールもあります。

本日は「実践経営塾」と「社長・幹部の経営会議」、
明日は「京都・社長塾」です。

4月29日から5月1日は、ビジネスSAです。

私も彼ら彼女に習って
「目標実現アンバサダー」として活躍します。
―本日開催の目標実現アンバサダー大会の参加者が
 400名を超えました。管理力・現場力の強化―


―満93歳・パナソニック第四代谷井昭雄社長の
 修羅場をくぐり抜けた人の偉大さ―



1)
色々と緊急事態宣言の話題が多いです。
経営者の皆様におかれましては「辛い」ですよね。
辛さに連帯します。

山河を 何度たどれば この身をば 
安らげかしと 瀧道歩く 
得山詠歌

2)
大阪の吉村知事もお困りですが、
真摯さや誠実な態度は認めるべきです。
果敢に闘っておられる。

3)
さて、今日は目標実現アンバサダー大会です。
その前に一般社団法人目標実現アンバサダー協会の理事の
皆様と打ち合わせです。

4)
理事の方々は私心がなく、
色々と多くのアドバイスをして下さいます。
私自身が困った時は「私の経営相談」をして下さいます。

5)
コロナ問題のため、ようやく二回目の大会ですが、
かなり、大切な人財育成メソッドだと思います。

6)
400名程のご登録で、
ホスト4台のオンライン大会と審査です。
審査はシビアにおこなわれるものと思います。
参加者も全員審査員です。
審査方法もベテラン理事に相談の上に決めています。

7)
私の開会挨拶は、
「目標実現アンバサダーってどういう人?」
というお答えする形で行います。

明確に定義して、
パワーポイントでプレゼンテーションです。

社内に一人でも多くの目標実現アンバサダーを育てて、
目標実現に対するコミットメントの高い社風を
育んでいきたいと思います。

8)
単に結果をつくれば良いのではなく、
コミットメントの高さが、
顧客満足や自社の信頼を生み出す力にならなければいけません。

9)
とくに、目標実現アンバサダーは、
?マインド、?目標実現、?スキル・応用力・知識・情報認知など
3項目を同時に高めます。

10)
また、一昨日から、
「松下幸之助翁の生き方と谷井昭雄四代目社長の哲学に学び語る会」が
スタートしました。6回シリーズです。

谷井昭雄4代目社長は、3時間たっぷり、
ご質問にダイアログ(対話)されていました。
93歳にして非常にお元気でした。

11)
松下経営哲学でいう「素直(私心を捨て去った状態)」な、
お気持ちでお答えされていました。的確で大いに学びました。

12)
谷井様は、ボクデンの景山さんのことはご存じでしたが、
他の方々のことは全くご存じありません。白紙状態です。

故に原理原則の対話になりました。
慎重にお言葉を選んでのご発言です。

13)
私自身、何度か呼び出されて静かにお叱りを受けました。
最初は近づくのも「怖い」ご存在でしたが、
京都の嵐山の瓢亭では、生涯忘れられない
お言葉でお叱りをうけました。

「君な、短気はあかんで。わしも我慢できんこともあった。
 しかし、我慢せんとあかん。」

14)
今でも私は粗相が多く、ご自宅にお詫びに行き、
ご指導を仰いでいますが、
一昨日の講座は、多くの方々から称賛を頂きました。
感謝の言葉も見つかりません。

15)
「知識や情報は大事や。しかし、いくら知識があってもね、
 体験があってはじめて「知識は活きてくる」体験が大事」
 のお言葉は参加者のお気持ちにスーッと入ってまいりました。
 
16)
富士フイルムの古森CEOは、基盤力と述べておられ、

「いくら経済学や経営学を知っていても、
 基盤力のない人には身につかない」

と述べておられます。

17)
そういう意味でも、目標実現アンバサダーは、
コミュニケーション能力や、リーダーシップスキルや、
やり抜く力や、経営感覚をもった人財の育成を
目指す一つのゴールです。

18)
目標というと売上とか利益のイメージがあると思いますが、
最大の目標はお客様のご満足と貢献意欲の高さの追求です。

19)
幹部の目標実現アンバサダーの条件は、
TT卒業を最低条件にして、
ある意味「経営参謀役」の要素を考えています。

どれだけ「社長を補佐」し、
社長に諫言できるかが条件です。

社長の顔色をうかがうような人は
「隠れた暗殺者」と呼ばれているようです。

20)
私は、谷井様に
「どういう理由で山下俊彦三代目社長は
 谷井さんを社長に決められたのですか?」と
おたずねしました。


「それは分からん。
 しかし、松下幸之助は山下さんの私心のなさをみていたな。
 私心のある者は伸びない!」

ドキッとします。

富士フイルムの古森CEOを選んだのは
「自分を捨てて会社の為を考えている」という
大西社長のお言葉です。

誠実に、悪いものは悪いとして上司にも諫言し、
上手くいかなかった時は素直にお詫びする。
指導者の条件ですね。


本日の目標実現アンバサダー大会ご参加の皆様に
心から感謝申し上げます。
―可能思考メソッドはやらない力の強化策もふくまれます。
 成長の妨げは「やらない力」が弱いことです―

―ビジョン経営沖縄セミナーが無事に終了しました。
 最後のプレゼンテーションは感動です。―



1)
ビジネスSAがいよいよ開催1週間前となりました。
オンラインビジネスSAは、アウエァネス・メソッドと、
ビジネス・メソッドのクロス学習です。

2)
「実習」は一部変わりますが、メソッドですから
「可能思考になるための方法・手法」です。
基本は「アウエァネス・メソッド」ですが、
通常のSAとは異なるところは経営者・幹部の皆様だけを
対象にしています。

3)
そのため、気づきの促し方が「人材育成」「売上・利益」
「顧客価値」「経営理念・使命」といった、
全て企業経営という切り口からになります。

4)
そして、講師は私と杵渕講師の二人ですが、
私は51年の実務経営者ですので、
これまでの実体験が度々出て参ります。
また、参加される方も経営者が84%です。
 
5)
途中にお互いの体験のディスカッションや事例発表も
出ますが、同じ経営者という立場だからこそ
共感し合え、腑に落ちる学びや経営革新のヒントが得られます。

かなりの連続のセミナーやプログレスサポートなどで
疲れますが、今日は「箕面加古川山荘・明徳庵」に行き、
瀧道を歩きました。
川の流れ、藤の花、平戸つつじ、群生するシャガ、
自然に戻ると元気回復です。

6)
さて昨日まで沖縄ビジョンセミナーでした。
オンライン開催でしたが、
前向きな人は手段より目的を選びますね。
ほとんどキャンセルもなく、
昨年とは違った雰囲気でした。沖縄三昧です。

7)
青森経営研究会から、会長、N副会長、ドラゴンキューブの
H副委員長、次期社長トレーニング中のFさん、
及び社員さんの参加です。
トップが燃えていますから、非常にアクティブな会です。

会長曰く
「私はこのビジョン経営沖縄セミナーが今の自分自身に
 最も必要不可欠な機会となりました。」

8)
会長は続けて、
「理念やビジョンを頭で理解しているだけの自分に気づき、
 ショックを受けていた初日から始まり、
 まったく物事が腹に落ちていない、
 一挙手一投足に落とし込めていない自分自身が
 いることを知りました。」というメールです。

9)
5日間でビジョンの原石を発見する機会となった
ようですが、(この講義「ビジネス五体論」は
深く衝撃を受ける人もいます。)

10)
知識は大事だと私は前置きしながら、
頭だけで考える時代ではない。
胸に降ろせ、そして心で掴むのだ。
掴んだら、腹に落ちるまで悩み抜けろ。
楽しみながら未来のために混沌(カオス)に入れ!

11)
随分、生意気なことを申しあげましたが、
コロナウイルス危機が根底にありますから、
時に、私もパワー全開です。
会長は松下政経塾ですから、松下経営哲学の
自修自得を心得られていますが、
反省しきりの感想メールです。

12)
つまり、会長は
「学んだつもりになっているという
 私がビジョン実現の邪魔をしている。」
と述べられています。

続けて
「でも思い返せばすごいなと思う人は
 体験や実践を結びつけて落とし込み、
 それを実践や行動で示し、習慣づけを大事に
 していく人でした。」
さすが、松下経営哲学を学んだ人です。

13)
「指導者はビジョンや理念を言葉で語るだけではなく、
 リーダーの存在そのものが理念であり、
 ビジョンでなくてはならないと痛感しました」
青森経営研究会さんから、こんなにたくさんご参加とは
知らず、心よりお礼を申しあげます。

14)
さて、今日は「パナソニック第四代社長・谷井昭雄様」の
講座です。パナソニックが7600億円で米国の
IT企業をM&Aしましたが、
どういう内容になるか楽しみです。
円高ショックをまともに受けた経験談は凄いです。

15)
ビジネスSAの話題に戻りますが、
コロナ対策としてはグッドタイミングだと思います。
嗅覚ですね。増収増益でも安心はできない。
経営財務と実践理念経営で、より深い財務戦略の
確立も準備しましたが、
統計だけで安心してはいけませんね。

16)
とてもやりがいがあるのは、
30年ぶりの再受講の方も4人おられます、
ずいぶん長く弊社をご活用頂いており、
目標実現アンバサダーなど、
革新の連続の日創研に興味があるようです。

17)
志の高い方々が多く、「何を学ぶか」だけでなく
「誰と学ぶか」をもっと大切にされています。
このビジネスSAでの出会いが新たな人脈となり、
その後をより良く変えるきっかけにもなると思います。

18)
スタンフォード大学の心理学者
ケリー・マクゴニガル教授は、
「意志力は感染する」と仰ってます。
意志力は、自分の中から生まれるものもありますが、
少なからず環境に影響される一面もあるからです。

19)
自分の周りに勉強好きな人を置いておくと、
自分も良い影響を受けることができるという考えです。
皆様の周りに、一緒に学び成長したいという方は
おられたらお誘いあわせください。

20)
今回は定員を大幅に超えていますが、
5月にも開催します。
次回は定員を200名に出来るシステムも出来ました。
また、明るいニュースですが、M社のY社長から
決算予測の電話が入りました。
リーマンショックでは危うかった企業様です。

「田舞さん、売り上げ27億が見え、経常利益が
12億になります。」さらに、次年度は30億の売り上げで
15億の経常利益の予定です。
素晴らしい経営戦略ですが、経営フォーラムの
サバイバルダイアログのコメンテーターで
お呼びしようかと思っています。

驕らず、腐らず、愚直に、経営革新する。
第七工場の決意のお電話でした。
この企業様は可能思考メソッド受講が条件の企業様です。
明確に決断する力が強く求められる時代です。

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

最近のブログ記事

アイテム

  • home_visual02.jpg
  • tamaitsushin01.jpg
  • IMG_9808伊與田先生.JPG
  • P1020602.JPG
  • P1020493.JPG
  • P1020555.JPG
  • IMG_2510.jpg
  • IMG_2463.jpg
  • 整理3.JPG
  • 整理2.JPG

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。