親愛なる皆様
お元気ですか。


1)
先週は浜松で田舞塾の第6講でした。
今回はIPOを考えているY社長のケース・メソッド授業でした。
Y社長は今年で創業14年目、財務も商品も模範的です。


2)
彼は22TTコースを受けられました。
「単に儲かるだけの自分に満足できなかった。経営を知りたい!」と、
創業四年目を迎える時に決意したそうです。


3)
それまでは「儲かったら使えばいい!」と面白おかしいだけで満足していたのですね。
可能思考研修SA 自己成長コースで「経営とは?」に目覚め、
22TTコースで大きなビジョンをつくり、海外戦略もハワイ・ニューヨークと成功して順風満帆です。


4)
しかし、彼は一切学びを止めません。
田舞の法則「学ぶ者はさらに学び、学ばぬ者はさらに学ばなくなる・・・」
まさにY社長は、学ぶ者はさらに学びを実践しておられます。


5)
学ぶことは最高の事柄です。
立派な経営者になりたいという志が、人間を向上させ、探究心を刺激し、真の楽しみを得るのです。


6)
今回は、27TTコース卒の岩井社長の企業事例をPDFにしました。
田舞塾にもお越しですが、お父様から後継してTTコースを卒業してから、
業績はすべて右肩上がりです。


7)
経営理念塾、ビジョン経営沖縄セミナー、業績アップ上級コース(コア・コンピタンス経営)と継続です。
特に、自分だけが学ぶのではなく、幹部育成、社員教育を営業スキルアップを一度に15名派遣など、
社員さんも学び始めてからからは、離職率が驚嘆するほどに下がりました。


8)
岩井社長曰く、
「田舞さん、我が社は日創研にたくさんのお金をつぎ込んでいますが、
 人財募集会社に支払うお金からみると格安です」


9)
過日はある方の一億円近い売掛金の未回収で相談を受けましたが、
その場で「弁護士さんにお願いしなさい」とアドバイスしました。
弁護士さんの反駁文もチェックして、経営戦略的にアドバイスするのが日創研ですから、
日創研を活用する方々にとって、大きな経営資源でありたいと思っています。


10)
この未回収問題の会社は、この3年ほど現場一筋でした。
学びを継続出来ていないことで、いかに逸失利益が出てしまうか?の一つの事例でした。
一時損失を人間は嫌います。これは「無知は人生に壁をつくる」の典型例ですね。
その向こうに"利益"が待っているのに、つい目先に走りがちです。


11)
ご存知の方は、私が三現主義だということをお知りにならないようです。
「現場」「現物」「現実」は中小企業経営の原点です。
私を理想主義者と評する人もいますが、非現実主義にはアレルギー反応が起きます。


12)
現場に偏りすぎる人を、経営学でも心理学でも「作業着の法則」と名づけて、
「その会社に投資するな」の代名詞になっています。


13)
可能思考研修も現実的でないという人がいます。世の中はバイアスだらけですから、無理もありません。
我々は、
1.人間の覚醒
2.潜在能力の顕在化
3.マルチタスクの促進
4.企業経営の本質の理解を目的にしています。


14)
特に、働く方々の協力を得なければ、Y社長や岩井社長のような会社にはなり得ません。
人手不足であたふたとしていますが、どん底を体験している私から見て、これも大きな機会と見てもいい訳です。


15)
道頓堀ホテルの専務で北大阪経営研究会の橋本明元会長から、
北大阪経営研究会から15名の会員を32TTコースへ派遣のお話しを頂戴しました。


16)
日創研は手順を踏んで、可能思考教育、職能教育、コミュニケーション教育、企業内研修を統合しています。
特に、思考法とか、繁盛企業の作り方は、活用企業様の分析結果の数字が明確に証明してくれています。


17)
全国の日創研経営研究会には尊敬する方々が多くおられますが、
弱小企業からわずか数年で150億円までにされた姫路のK社長は、準備に関する書物を出しています。
Aさんも今度出版されますが、謙虚でい続けておられるのが良いですね。


18)
さて、ファシリテーターをしていた秋山社長が、岡山西経営研究会を設立されて、初代会長に就任しました。
私が"岡山三羽烏"と呼んでいる、景山社長・森脇社長・金山社長他、多くの立派な経営者が岡山にはいます。


19)
岡山西経営研究会は備中地区に出来ましたが、設立記念講演は695名がご参加でした。
販売したチケット数と同じ人数には驚きました。
懇談会後の10数人とのサウナが楽しかったです。
また、3TTコース卒の古市社長も深夜までお付き合い頂き感謝申し上げます。


20)
マネジメント能力は、企業経営の根幹ですが、
「人を育て業績をあげ良い会社にする七つの条件」をテーマにしました。
懇談会では創業167年という社長様ご夫妻も参加され、非常に盛り上がりました。
地域差、土地柄、風土は全国違いますね。


21)
翌日は、私の恩人の日本カバヤ・オハヨーホールディングスの故・野津 喬元社長の墓前にも参りました。
ご生家にも触れ感激のひとときでした。
天皇陛下のお姉さまである、厚子様にも何度もお会いさせて頂けたのは、すべては故・野津 喬元社長のお陰です。
なぜ、皇室関係の方々と野津様がお近しいのかの理由がよく理解出来ました。重ねて岡山の皆様には感謝申し上げます。


22)
島根・鳥取・愛知・兵庫・大阪他、多くの方々に交えて、徳島経営研究会直前会長の青木社長もお見えでした。
講演当日の朝にNHKニュース・おはよう日本に詳細に報道されていましたから嬉しかったです。
徳島経営研究会の例会の様子も映し出されていたようです。


23)
檜山講師担当の、マネジメント養成6か月コースの修了証書をよくもNHKが取り上げたものです。
青木社長も自分一人で企業を立ち上げ、必死に学ぶお一人です。
25人ほどの会社ですが、経常利益も二けたと好調です。


24)
新しい時代の社長学の講義をよく理解されていますが、実践している人は、肌感覚で理解度が高いのです。
田舞塾を兼ねて学ばれていますが、留守を守る工場長がご立派です。


25)
一人の人間の努力だけで成功することはない。
いかに、多くの人たちに応援してもらったかが、
「人を育て業績を上げて良い会社にする7つの条件」の根底です。
自分の力でと思った瞬間に、これ以上学ぼうという気持ちになります。死ぬまで学び自己修養します。

田舞徳太郎


 

親愛なる皆様
お元気ですか。


1)
今年の新春経営者セミナー「企業革新?未来へつなぐ?」が終了しました。
昨年、インフルエンザでご参加出来なかった方々が、
わざわざ予防接種して万全を期し、「今年は来れました!」というお声が嬉しかったです。


2)
特に北海道から駆けつけて下さったK様のお顔を見て感謝の念でいっぱいでした。
新春経営者セミナーのご参加者のうち、多くの方が常連様として毎年ご参加下さっています。
残りの方々は、様々な悲喜こもごものご事情がありますが、今年も会場が埋まり、お礼を申し上げます。


3)
初日のトップバッターは、月刊『理念と経営』で日頃からご支援下さっている寺島実郎先生が、
「2019年への視座 ?変わる世界の構造と日本の進路?」をテーマにご講演頂きました。


4)
寺島先生は、お若い時から三井物産戦略研究所で活躍され、私にとっては青年会議所時代から憧れの方でした。
非常にバランス感覚があり、今でも日本総合研究所や多摩大学などのトップでご活躍です。


5)
寺島先生とは、年に何度かお会いする機会がありますが、
月刊『理念と経営』1月号で対談された国谷裕子キャスターを、多摩大学で呼ばれるそうです。


6)
初日の二番目は、株式会社マイファームの西辻 一真氏社長に、
「自産自消ができる社会のその先へ」のテーマでご講演頂きました。
西辻社長は農業ベンチャーですが、ピュアで感動しました。自然は人間性を豊かにするのですね。
西郷南州翁は、農本主義ですが人間の幸福を尺度にすれば、重商主義の非人間的な主張より優れていると思います。


7)
初日最後の飛?産業株式会社の岡田 贊三社長は、まるで仏様のようなお方でした。
論より証拠で、家具職人4人が壇上に上がっての挨拶や「匠30訓唱和」は感動しました。


8)
第7回「心に残る、ありがとう!」体験談 贈賞式は、応募総数2,000通以上の中からの10人が選考対象でした。
選考委員は作家の小檜山博先生、無言館館主・作家の窪島誠一郎先生、アイ・ケイ・ケイの金子和斗志社長の三名でした。


9)
31TTコースの高山社長の幹部社員さんの、涙を流しながらの朗読には目頭を熱くしました。
このような幹部社員さんがいれば成長するはずです。


10)
初めて開催した当時は、意味がお分かりにならなかった方が多かったのですが、
社内に落とし込まれる企業様も増えてきました。
ありがとう経営(社長力・管理力・現場力の三位一体論)の一環ですが、
人間力・考える力・仕事力・感謝力の企業文化には欠かせません。


11)
二日目朝に「無印良品の経営改革とグローバル展開」でご講演頂いた、株式会社良品計画の松井 忠三前会長は、
なぜ、無印良品が赤字に転落したのか、その理由を述べられました。


12)
日創研でいう「可能思考教育」そのままです。
基本を忘れ、慢心が置き、危機感が薄れ、目先だけの対処に終われ、あきらめる。
企業革新は、やはり社長・幹部のマインド・イノベーションが一番大事なのですね。
松井前会長は、そこから企業革新されてました。


13)
二日目午後から「WASHハウスのコインランドリー事業とビジネスモデル、その革新性」でご講演の
WASHハウスの児玉 康孝社長は、田舞塾での質疑応答での構想のうち、3つを具体的な形にされていました。


14)
田舞塾の時と比べ、「加盟店へのファイナンス事業」「洗剤工場」「災害救助・移動型洗濯機事業」を実現されています。
今月は中国に飛び、中国の有力都市との「特別洗濯機生産工場」の契約をしに行かれます。
定点観測すると非常に深く学べます。


15)
児玉社長のビジネスの構想力、実践力、スピード経営は、我々も学ばなければと思いました。
大きな構想は、その人を突き動かし、深く考えさせ、周囲が考える以上に実現していくのです。
児玉社長は言った事をやり抜く実践の人だと思いました。


16)
今回驚いたのは、昨年の社長塾に講師としてお招きした先生が、ご受講生としてご参加されていたことです。
100年以上続き、創業以来一度も赤字を出していないスーパー"サンヨネ"の三浦社長様です。


17)
サンヨネさんには、マイケルポーターがいう、社会的共通価値の創出が有ります。
1.売上は200億円以上は拡大しない(徹底して安全にこだわる)。
2.経常利益も8億円以上は要らない(それ以上は社員さんに分配している)
3.我が社は「永続する」ことが目的(だから目先の利益を追わない)。


18)
社長塾でのご講演が強く印象に残っていただけに、お顔を見た時は、一瞬目を疑うようでした。
ご参加された理由は、「昨年10月の講演の際、皆さんの真剣な学ぶ態度に感動し、一体なぜこんなに真剣に学ばれるのか?」
その理由をお知りになろうと、ホームページをご覧になってご参加されたとのことでした。


19)
他にも、田舞塾では数人の講師の方が、私のSA自己成長コースに参加して会員企業様になられたり、
可能思考教育や職能教育を活用して下さっています。


20)
磐石な業界でのポジションを築かれ、地域ではブランド力のある会社様で、
無借金で現金支払い、可能思考教育でも申し分のない人財がいらっしゃいます。


21)
サンヨネの三浦社長様も、講師の時には歯切れよくお話をされる方ですが、
ご立派な方ほど、学ばれる時の姿勢は真剣で真摯です。
第15期社長塾の皆様方がお招き下さったわけですが、心よりお礼を申し上げます。


22)
33年間、成長企業・衰退していく企業を見てきましたが、成長企業は社長はじめ全員が、経営の基本を大事にしています。

私は、以前、京都・社長塾で、2つの質問をしたことがあります。
A.世界で最も偉大な経営学者は何方でしょう?。
B.駄目になっていく会社の特徴は何でしょう(衰退する法則五箇条)?


そして、Aの答えは「孔子」だとお伝えしています。理由は、論語の「温故知新」こそ、最大の経営学なのです。
第一に、企業経営の第一は基本(原理原則・使命・経営理念・ビジョン)が如何に明確になっているかどうかです。

Bの、いつも新しいものを節操もなく求めている人が、究極最後は衰退の法則の5段階を歩んでいます。

田舞徳太郎

親愛なる皆様
お元気ですか。


1)
昨日は東京の経営理念塾でした。金沢・島根の皆様も非常に熱心です。何事も基本と応用が大事です。
応用(方法)が効かないのは、基本(理念・ビジョン)が弱いのです。


2)
企業経営でも、対人関係でも、部下指導でも、商品開発でも全く同じです。
道には「守・破・離」の基本があります。
基本もなく、応用ばかりは小手先です。


3)
基本は出来ているが、経営や対人関係の応用が効かない場合は、実は基本があまりないのか希薄なのです。
日創研では、理念と経営とお伝えしたり、可能思考教育では「意図と方法」と伝えています。


4)
京都の社長塾でお世話になっておられるM社長様が、東京のSA自己成長コースを修了されました。
そのM社長からメールが届きました。


5)
メール
「東京でSA研修をうけておりました。
 昨年手術を致し5ケ月が経過しましたが、まだまだ体や頭が動いていません為、
 日々アップアップを感じながら、お仕事をさせて頂いております。・・・・・・」


6)
M社長は、金沢の方ですが、
「僕は色々な日創研の研修は行っているが、可能思考教育だけは未だなんです」言われました。
大切な方々には、再受講も含めてSA研修をお勧めしています。
2019年度は、基本が試されます。


7)
M社長は、京都・社長塾も長い間受けておられますから、
10数種類の長期研修は済まされていますので、
メールを頂戴して、ご参加されていることに驚き、かつ嬉しく感じました。


8)
第十五期の第三講座は、朱子学の「大學章句」を講義しています。
理由は、二宮金次郎は大學章句で学んでいるからです。
色々な解釈がありますが、三綱領は「全ての人間の基本」であり、実は可能思考教育の根底に流れるものです。


9)
3月からの第十六期は、引き続き「大學章句」の講義を続けますが、
実は、SA自己成長コースは、カント哲学の「選択理論」を含めて、
この古典の基本「大學」を、SAコースを引用しながらお伝えしているのです。


10)
京都・社長塾の方々の再受講や、M社長のご受講もこういう事情があるのだと思います。実に面白い講義です。
東証一部上場の阿波製紙の三木社長様も、20数年ぶりにSA研修の再受講でした。


11)
三木社長は、超エリートですが社長塾の第一回目からご参加です。
会社の経営理念が「道徳経済合一説」からなっています。
SA講師だった大阪センターの児玉君が三木社長のビジョンに感動して、31日には徳島の会社訪問です。


12)
さて、先週末は第26期起業家養成スクール生との懇談会でした。
25期のリーダーの古市君が「体験発表」してくれました。
懇親会を行いましたが、月刊「理念と経営」を、サウナで見かけられたお父さんが、その場で決められたそうです。


13)
今日のPDFは、私のライフワークでもある「社長力・管理力・現場力の三位一体論」の「社長力」にふれられたのです。
私は、観念論も大好きですが、企業は「実務の積み重ね」が重要です。現実主義、実践主義をとります。


14)
厳密に言えば、理想的合理主義であり、理想的現実主義です。孔子も、松下幸之助翁も、荒唐無稽を、退けています。
現実の、財務や、コア・コンピタンスや、マネジメントも無視した理想主義は、寝言にしか過ぎません。


15)
ですから、社長塾の第一講座は、「論語と経営」がテーマであり、経営の原理原則に沿っての論語や古典解釈です。
昨年の起業家養成スクール生の古市君には、お父さんと一緒に、経営の基本を学び続けろと伝えています。


16)
デジタル社会に突入で、日創研もヒイヒイ言いながらシステムに投資していますが、究極は「人間勝負の時代」になります。
一時的に大もうけは、歴史が示すように「殆どの人生を狂わせ」ています。


17)
アマゾンのジェフ・ベソスさんの離婚問題が話題になっていますが、
イーロン・マスクと性格もビジネススタイルも違います。
両方お金持ちですが、どっちみち「死んだら紙くず」であり、企業を残すために利益がいるだけの話です。


18)
カント哲学は、人間の欲望に縛られた生き方を「感性的存在」と定義しています。理性による道義的選択を自由意志と呼んでいます。
熊本の、月刊「理念と経営」にふれて、起業家養成スクールへの派遣を決められた方は、まさに「自由意志」なのです。


19)
函館JCの三浦君は、起業家養成スクール閉校式で、経営理念塾と、京都社長塾を親子で参加します。
若い時には、趣味のような気持で学ぶ必要がありますが、理想的現実主義・理想的実践主義の徹底が大事です。


20)
つまり、出来ないまでも、理想主義で大きくはばたき、苦悩しながらでも「実践」が大事なのです。
空想は少年時代は大事です。
大人になりきれていない経営者や幹部は、
実践すべき戦略書をキャッチコピー感覚で満足してしまい、具体性に欠けます。


21)
究極、結果につながらないのです。経営理念なのか?応用なのか?両方もてないのか?社長塾でいう「格物」せず、
実践知をきわめることが出来ません。


22)
今回の新春経営者セミナーは、寺島先生の講義で、おそらく世界経済のきわどいお話が出るやもしれません。
2019年こそ、真剣に思索・学問・実践の年にしませんか?稽古不足を、幕は待ちません。


新しい息子・娘が20名出来ました。若者は「打てば響く可能性」を持っています。私の人生の大きな励みです。
起業家養成スクールの、玉木君、岸さんのお父様が亡くなられました。ご生前のご支援に感謝します。


御霊をや 安からんと 祈りつつ 明日は吾が身の 瀧道歩く 得山詠歌 合唱

おそらく、今後求められる人財は、「マルチタスク」です。基本教育と、生産性アップは表裏一体です。

田舞徳太郎

親愛なる皆様
明けましておめでとうございます。
昨年は誠にお世話になりました。心からお礼を申し上げます。


今年は例年の神戸ポートピアホテルではなく、自宅からのご挨拶です。

年末は一日中、原稿づくりに勤しみました。
箕面公園の「学問の道・時習堂」や「箕面加古川山荘・明徳庵」は、
神戸ポートピアホテルとは異なり、味わいも風景も20年ぶりですから新鮮です。

大学や高校に向けて二人の孫が受験勉強を頑張っていますので、
祖父としても神戸ポートピアホテル自粛することにしました。

大晦日はサウナに行き、新年を明治の森・箕面国定公園の瀧道で過ごしました。
瀧安寺様や西江寺様に初詣をしました。

会員企業様・TT卒の皆様・起業家養成スクール生・日創研経営研究会の皆様、
「理念と経営」経営者の会の皆様ほか、日創研グループの皆さんや、
大晦日までおせち料理で頑張った音羽の皆さん・家族の健康と家内安全・商売繁盛を祈願してまいりました。


「あたらしき 年を迎えて 星星の その輝きに 夢を重ねる」 得山詠歌


初詣から午前二時頃に帰宅して、新たなカリキュラムを作りました。
具体的な方法論を、30項目以上書き上げましたが、最後に今年のNHK大河ドラマ「いだてん」の主人公のことでまとめました。

1.今年のNHKの大河ドラマ「いだてん」の主人公の一人が、
  日本初のオリンピック選手で日本マラソンの父と称された金栗 四三(かなぐりしそう)です。

2.明治45年のストックホルム・オリンピックのマラソンに出場しましたが、
  猛暑に見舞われ、マラソン選手68人のうち34人がリタイアする過酷なレースとなり、
  四三さんも日射病で林の中に消えてしまい、地元では「消えたオリンピック走者」として語り継がれていました。

3.四三さんが正式な棄権の届出を出さないまま帰国したことから、
  昭和42年に「ストックホルム・オリンピック開催55周年記念式典」に招待されます。75歳になっていました。
  招待状には
  「あなたは1912年のオリンピックのマラソン競技において、まだゴールされていません。
   あなたがゴールするのをお待ちしています」と書かれていました。

3.ストックホルムの五輪記念陸上競技場の地に立った時、スタジアムには一本のゴールテープが用意され、
  大観衆の割れるような拍手の中、四三さんは約10メートルの直線を走ってゴールしました。

4.その時、スタジアムには
 「日本の金栗選手、ただ今ゴールイン。記録は通算54年と8月6日5時間32分20秒3。
  これをもちまして第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了といたします」と粋なアナウンスが流されました。

5.人生も経営も人財育成も、その気持になれば必ずチャンスが微笑むのです。54年とは言いません。
  10年を目途に自分作り・部下育成にチャレンジしませんか?


瀧道は自宅から約8分です。
悲喜こもごも、涙を浮かべて歩いたり、後悔の念にかられたり、人に辞められたショックで、
自宅に帰る元気もなく、雨の中を深夜4時ごろ歩いたこともあります。
結果として努力すればすべては必ずうまくいくのです。


「良き事も 悪しき事をも 受け入れて 己磨きの 肥やしとぞ知る」 得山詠歌


2019年が皆様にとってより良き年になりますように祈念します。


田舞徳太郎


『今年一年の全ての研修が無事終了しました
 (今年は徹底したイノベーションの年、そして起業家養成スクール生への祈り)』

 

親愛なる皆様へ
お元気ですか


1)
第25期起業家養成スクールの閉校式をもって、2018年のすべての研修が終了しました。
すべては、皆様からご支援頂きました賜物であり、
ファシリテーター様はじめ、色々な形でサポートして下さった全国の皆様に心よりお礼を申し上げます。


2)
「?イノベーション(革新・進化)を通じて会員企業の「成功企業」づくり」が、
今年の社長方針でしたので、社員全員一丸となって取り組みました。
まずは「マインドイノベーション」に手をつけないと、到底無理だと実体験をしました。


3)
昨年、全社員がSA自己成長コースを再受講していたことが、最大効果だったと思います。
今年は、可能思考教育のイノベーションが完成しました。


4)
来年は「目標実現型NM式人事評価制度セミナー」を10社限定で行います。
ワンウェイの評価ではなく、「新しい時代の社長学」で最大活用しているCIA診断手法を取り入れていきます。


5)
また、現在執筆中の「研修・効果理論」を可能思考教育にも徹底導入です。
スタンフォード大学でのリテンションプログラムは、
日創研では創業以来行っていましたが、せっかくの「効果理論の実行」が為されていません。


6)
来年度の32TTコースは、この「研修効果理論と実践」を教育カリキュラムに追加します。
社員の定着効果策も、幾重にも完成しています。


7)
SAコース、SCコースを修了後、PSV目標実現コース前に「個人別AIA診断」の実施が決まりました。
実際の「研修効果測定」を定量的に評価して、可能思考教育の受講が、どの部分で効果があったのかを明確にします。


8)
修了3ヵ月後効果測定、一年後測定をして、その結果に基づいてのフォローアップセミナーの開催です。


9)
檜山講師の5W2H思考一日セミナーが好評を頂き、もっとこの点に力を入れた内容にイノベーションされています。
PSV目標実現コースは再受講OKですから、SAコース・PSVコース再受講にもトライして試して下さい。


10)
「新しい時代の社長学」が、ようやく半年が過ぎました。
アクティベーターが進行役の戦略策定会議にも慣れてこられた会社様が多くなり、
うれしいお声やご評価を頂いています。


11)
参加企業のS社様は、計6名で研修にお越しになっていますが、
同じ知識や同じ情報をもって戦略策定会議を行うことで、非常にスムーズにいっています。
S社長は田舞塾にもご参加ですが、どんどん発展の可能性があります。


12)
今年も複数参加の方々が多くおられますが、効果性の面でも来年度はもっとお勧めする必要性を感じました。
シビアなS社長様からは、「金額ではなくて『費用対効果の価格価値がどういうことか』を日創研から学んだ。」
といううれしいお言葉もありました。


13)
CIA戦略の仕組みを作成し、
「幹部さんからの嬉しい発言もあり、700万円を出した価値があった。」というお言葉を頂いたようです。


14)
第25期起業家養成スクールの最後のスケジュールは、創業の精神の講演、六甲縦走と続き、
経営方針発表にはOBやご父兄も大勢駆けつけて下さり、私の卒業記念講演も無事終わりました。


16)
卒業記念講演では、卒業生一人ひとりに得山詠歌を詠み、
最後に、「オヤジの祈り」という文章を読み上げました。

オヤジの祈り

世の中の人々の幸せのために、どうか役に立つような人間であって欲しい。
単にお金を追うだけではなく、志をもって高い理想に挑んで欲しい。
君達は自分の仕事に誇りをもち、与えられた仕事の意味や責任を深めて欲しい。
たとえ、ささやかな仕事でも恥らわずに自分の道を純粋に求め続けて欲しい。
名声を追わず世の中を侮らず、心から世の中の人々を愛して欲しい。
真の指導者は自己犠牲をも厭わない。そんな人間を目指して欲しい。
君達がこの日創研に集って人々の幸せのために学び自らを鍛えたように、
生涯、働く社員さんや、お困りのお客様のために尽くして欲しい。
人を幸福にするために君の仕事がありますように。
ふたたび君達とお出会いができますように。
一人君達との一年を思い出しながら旅立ちを祈る。

田舞徳太郎


17)
年末の日創研は、全員が新春経営者セミナーでバタバタしています。
毎年恒例の忙しさですが、皆さん頑張ってくれています。


18)
閉校式が終わって久しぶりに帰宅しましたが、
帰宅途中に明治の森・箕面国定公園に立ち寄り、一人黙々と月を仰ぎながら箕面の瀧道を歩きました。
夜の瀧道は格別です。昔はお猿さんや、猪に出会う時もありましたが、最近は静かです。


19)
まだ、年末の会議が控えており、全社の経営方針と経営計画発表と、社員さんの一人ひとりの三ヵ年や、ミッションの発表です。
今年は、孫たち二人が受験ですから、神戸ポートピアホテルではなく、私も孫と同じような気持で正月は自宅です。


お一人お一人にお礼のお言葉をお伝えしなければなりませんがお許し下さい。心より感謝申し上げます。

田舞徳太郎

親愛なる皆様
お元気ですか。


1)
広島経営研究会初代会長の伊東 顕様(株式会社文華堂 取締役会長、5TT卒)が、お亡くなりになられました。
よく、二人でサウナに行きました。昔日の日々が懐かしいです。


2)
奥様にお電話をして、お悔やみと同時にお通夜とお葬式にどうしても参加できず、
代理出席してもらうことをお詫びしました。


3)
日創研経営研究会の2018年度特別研修が無事に終了しました。
つくづく、女性の時代と感じました。
実行委員長の秋山さんのコンセプト思考・実行力・マーケティング力に感謝申し上げます。


4)
特別研修後、すぐに「理念と経営」経営者の会の正副会長会議を開催し、
全国大会の開催が決まりました。


5)
開催日:2019年7月21日(日曜日)
参加費:無料
開催地:日創研各研修センター、北陸地区・四国地区などをサテライトで行います。


6)
テーマも講師も「未定」ですが、
月刊「理念と経営」の巻頭対談にご登場される方々から梶谷会長が選ばれます。
開始時間も未定ですが、日帰りで学んで頂ける大会にしたく思っております。


7)
正副会長会議終了後、景山さんが田町駅前のビル内に開店したスペイン料理のお店に参りました。
お店のスタッフさんのおもてなしに、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。


8)
翌日は、「理念と経営」経営者の会の地区会長会議でした。
一部厳しい意見も頂戴しましたが、発行人としてはハラハラどきどきでした。
皆様方には、本当にご足労をお願いして申し訳なく思います。誠にありがとうございました。


9)
地区会長会議の翌日は、経営理念塾でした。
東京の本会場には、一社から8名とか多くの方々にご参加頂きました。
特に、島根や金沢などのサテライト会場の皆様には、重ねてお礼を申し上げます。


10)
時代が激変の最中であり、それでなくても人一倍テールリスクに過剰反応するタイプですから、
単なる精神論的な経営理念体系ではなく、機能的な理念の価値体系を、最後の事例でわかりやすくお伝えしました。


11)
途中、山形の志田さんがお持ちになられた、田坂広志先生のイノベーションという文章をお読みしました。
田坂先生は、月刊「理念と経営」11月号の巻頭対談にご登場いただいています。


12)
「優れたイノベーションを起こして来た人材は、イノベーションを目的にして来ただろうか?

 結果に過ぎない。

 こんな商品があれば世の中の多くの人が喜ぶ。

 こんなサービスがあれば世の中の困っている人が助かる。

 その気持ちが没頭させる。

 寝食わすれて、寝てもさめても一心不乱、無我夢中と言った言葉で形容詞される言葉「情熱」。

 この情熱は人を喜ばせたい、助けたいから仕事への情熱が生まれてくる。

 その深い想い、それが日本では「志」「使命感」と呼ばれている。」

私も強く共感します。没頭できない経営者や幹部は、世の中の困っている人への共感が無いのです。
松下経営哲学でも同じことを述べています。助けたい一心が志であり、情熱なのですね。
だから、創造性が生まれてくる。

 

13)
さて、月刊「理念と経営」で「いのちの絵」を連載の窪島誠一郎先生の御本を1月に出す予定です。
作家で館主の窪島誠一郎先生が、平成9年に長野県上田市で「無言館」を開館。
第2次世界大戦で戦死した画学生の遺作や遺品を集めた、戦没画学生を慰霊する美術館です。


14)
今年の9月には、女優の吉永小百合さんが「『無言館』よ、いつまでも」という、
チャリティー朗読コンサートを開き、収益金を寄付されたそうです。
ぜひ、皆さんも足を運んで頂けたらと思います。

戦没画学生慰霊美術館 無言館
〒386-1213 長野県上田市古安曽字山王山3462
●ホームページ http://mugonkan.jp/


15)
日創研は、イノベーションで色々な意思決定をしています。
私の性格は、即断即決ですから全員大変ですが、試練を乗り越えない限り、真に人は育ちません。
経営革新には、眉間の傷も勲章でしょう。


『吾が友の 亡骸思い メール打つ 時の流れに 命よやいとし』 得山詠歌 伊東さんに捧げます 合掌


田舞徳太郎

親愛なる皆様
お元気ですか。


1)
今日はTTアワード記念大会が開催されました。
600数名の方々のご参加に心からお礼を申しあげます。
アンケートで、TTコース修了後のフォローはしないのですか?という質問を頂戴した方々に感謝です。


2)
そうしたご意見で、このTTアワード記念大会が発意されました。
私にも、事業継承や人の問題で憂慮することが多くありましたから、
どんどん若手が育ってくれるのはうれしいことです。


3)
人間には四タイプがあるといわれます。
1.言われなくても自主的に発意し実践に移す人。
2.人に言われたことをコツコツやる人、
3.言われても同じ失敗を繰り返す人、
4.言われても無責任でやらないとか・・・・結果として企業の盛衰は決まると思います。


4)
今回は、遅い開催告知にも関わらず600数名の方々が参加下さいました。
冒頭、審査委員長のアイ・ケイ・ケイの金子 和斗志社長(16TTコース卒)の開会挨拶がありましたが、
東京証券取引所一部上場を果たされただけに、審査員5名の方々へのご配慮に感銘を受けました。
その後、受賞企業の事例発表でしたが、その素晴らしさに「企業経営」は、社長一人の志で決まることを痛感しました。


5)
最初のコア・コンピタンス部門は、有明産業株式会社の小田原 伸行社長(25TTコース卒)です。
ウイスキーや焼酎の樽専門企業ですが、
色々な困難を乗り越えられ樽一筋で世界へ挑戦して、経常利益率20%を超えておられます。
昨年、田舞塾でケース・メソッド授業を行ないましたが、さらに進化していて、最近の高いビジネスセンスに驚かされました。


6)
日創研の強みは、こうした数多くのコア・コンピタンス経営企業がおられることです。
これらのコア・コンピタンス経営事例を、ゲーリー・ハメル先生にお伝えすれば、
著者のお一人として感動してくださると思いました。


7)
審査委員は、鹿児島の今別府産業の今別府 英樹社長(7TTコース卒)です。
私がスタンフォード大学に行きました折も、素早くシリコンバレーまで応援に来て下さり、
視察後の私のシリコンバレーの講義をお聞き下さいました。


8)
今別府社長は鹿児島青年会議所のOBですが、
地元では優良企業様ですから、大勢のJCメンバーも日創研で学ばれ、
同じく鹿児島の栫社長とご一緒にTTコースに参加されました。
企業業績も抜群の企業です。


9)
すでに業績アップ上級コースは大阪が定員を上回り、東京開催も順調に進んでいますが、
両方のチーフ・アドバイザーとして、多くのご受講生を支援下さり、
日創研のビジョン「会員企業様100%黒字の実現」を支えて下さっています。


10)
理念経営部門は、社会福祉法人千成会の前田 盛雄理事長(7TTコース卒)と、
八城 紀恵施設長(22TTコース卒)の発表で、正直涙が止まりませんでした。
戦後日本を支えてこられた高齢者の方々に対する深い愛情は、現場を見ればその凄さが分かります。


11)
前田 盛雄理事長は、来月で82歳になられますが大いに元気です。
兄みたいに尊敬していますが、「新しい時代の社長学」では、非常に叱られました。
保安大學校卒業ですから、私の浅い太平洋戦争を事例とした経営戦略論に怒り心頭だったと思います。


12)
前田さんが「ルネ・デカルト」の話をされ、
私もついついデカルトの方法的懐疑や第一原理や、カントの純粋理性批判の話題になりました。
なかなか、こうした話題をする機会がありませんが、懇談会は大いに盛り上がりました。


13)
理念経営部門の審査委員は、熊本駅構内タクシーの稲葉 伸一郎社長(3TTコース卒)でした。
先日の経営理念作成セミナーに加え、来週スタートの東京・経営理念塾でもサポート頂きます。
可能思考研修のSA自己成長コースを受講されたのが、熊本青年会議所理事長後の日本JC出向の折でした。
仕事三倍・JC三倍に共感して下さいました。


14)
稲葉社長や私は教育勅語などを大事にする古典的人間ですが、
SC自己実現コースや経営理念塾の講師の傍ら、社長塾・ビジョン経営沖縄セミナーは毎回参加され、
その学びは凄く深く論客の一人です。


15)
人財育成部門は、株式会社個別教育Canの長嶋 晃誠会長(22TTコース)でした。
全国35,000ある学習塾では唯一の部分を多くお持ちです。
1.全員正社員
2.全員PSV卒業
3.塾代は一人3万円近い
4.財務状態も抜群ですが、
5.絶対にお金を追いかけません。

 Theマスター・コミュニケーション6か月プログラムでは、
大阪も東京にも参加され、思索・学問・実践は常人ではない方です。


16)
人財育成部門の審査員は、株式会社武蔵境自動車教習所の高橋 勇会長(8TTコース卒)でした。
現在、200名以上の社員さんと共に学ばれ、高橋会長を筆頭とした学習する組織です


17)
お嬢様やご子息が起業家養成スクールを卒業していますが、私にとっても娘と息子です。
高橋 明希社長には、13日のシリコンバレーのコメンテーターとして、
スタンフォード大学のダッシャー教授の教えなどを伝えて頂きます。


18)
通常、価格競争をしてダンピングをしますが、
株式会社武蔵境自動車教習所は、社会貢献費を3000万円も色々な行事で使われています。
いつもお伝えしていますが、教育費・社会貢献費の活用による効果的効率経営を実現されています。


19)
新ビジネス部門は、株式会社コンフォールの原 文典社長(19TTコース卒)で、
長野県松本市でも大いに社会活動をされ、松本JCの林元ブロック長とも親しいです。


20)
私は悠々としてJC運動をされたのだと思っていましたが、非常にご苦労をされており、それが優しさにもつながっているのですね。
19歳で起業して、高度競争社会を見据え、病院など特殊なビジネスモデルでイノベーションされています。
片方善治先生の「新ビジネスモデル実践セミナー」で8年も学び、22年間で日創研をお休みされたことはありません。


21)
審査委員は、株式会社ピーターパンの横手 和彦会長(8TTコース卒)でした。
現在、パン業界では知らない人はいないほどの有名店を展開されています。
「カンブリア宮殿」など数々の番組で取り上げられ、幹部も立派に育ち、業績良好で75歳の現在も大活躍です。


22)
千葉県船橋市が本社ですが、わざわざ大阪まで学びに来られたり、社員教育も抜群です。
社長幹部塾は今年は次世代幹部と参加です。
お嬢様に社長を譲りましたが、親子とも勉強熱心・仕事熱心・人財育成熱心・お客様大事・パン作りへの熱意など、気迫150%です。


23)
逆境部門は、株式会社玉寿司の中野里 陽平社長(23TTコース卒)でした。
現在、首都圏を中心に30店舗を有するお店に発展させておられます。
事業承継と共に78億円もの負債を31歳の若さで引き受け、一切の交渉を行ないながらTTコースで学ばれました。


24)
先代から事業承継する際、、
「陽平、碁には、要石と捨石の二種類がある。
 捨石は、相手に取られても影響のない石。一族の財産と個人的な名誉だと。
 要石とは相手に取られたら形勢が逆転する石。それが、暖簾の信用と社員、そして後継者であると。
『大きな負債を引き継げるのは、息子のお前しかいない』」と告げられたそうです。


25)
31歳の若さで、78億円の負債の後始末に奔走されます。
何度も、何度も、何度も、「ああ、終わったな」の場面が押し寄せたそうです。
玉寿司さんには若い時にお世話になり、先代には私自身が経営のことも教わりました。


26)
それだけに、私にはリアリティーがありました。
そのような苦しい時に「自分の勉強不足だから苦しむのだ」と決意して、
リーマンショックで厳しい最中に、23TTコースへ参加されたのです。


27)
先代譲りで、古い幹部や社員さんを大切にします。現在30数店舗ありますが、店長さんは全員がPSV卒業者です。
23TTコース当時、気になってお電話すると、電話の向こうでも「うまくいった時・いかなかった時」が分かりました。


28)
来年度の新春経営者セミナーの分科会で講演をお願いしていますが、
よくぞこれだけの逆境を乗り越えられたなと思います。
東京にお出かけの時は、築地玉寿司で食事しながら、人は苦難を乗り越えられると確信して頂きたいと思います。


29)
逆境部門の審査委員は、株式会社ミヤザキの山之上 道廣社長(10TTコース卒)でした。
20億円の売上で8億5,000万の経常利益を出されています。
先月、故郷の宮崎県小林市・えびの市・高原町の小中学校計36校に各100万円を寄付され、
NHKでも報道されたそうです。


30)
お仕事に対しては厳しいですが、可能思考教育は全員必須で松下経営哲学にも共感頂いています。
「理念と経営」経営者の会も熱心に取り組んで下さり、毎回の勉強会は真剣勝負での議論です。
「理念と経営」共に学ぶ会も盛んで、13の徳目朝礼など人財育成には妥協されません。


31)
各審査委員のコメントは最高でした。
ディスカッション、各地域の代表発表など、予想を超えた皆様方のご支援に感謝申し上げます。


32)
金子審査委員長が、人口わずかな佐賀県伊万里市から東京証券取引所一部上場を果たしたのは至難の業だったと思います。
業績も好調であり、「理念と経営」共に学ぶ会は数百人規模で行って頂き、
可能思考研修や職能教育も継続頂き、いつも甘えてばかりです。


33)
最後の表彰式では、一人ひとりを表彰されるお声も元気に、参加者全員を称えるお気持ちが伝わってきました。
来年も第2回目のTTアワード記念大会を計画しています。
審査員の皆様、受賞された皆様、ご参加者の皆様方に重ねて感謝申し上げます。

田舞徳太郎

 

親愛なる皆様へ
お元気ですか


1)
シリコンバレーに先月に出発してからようやく自宅に戻りました。
書籍や書類が女房と孫できちんと片付けられていましたが、非常に慌てました。
山積みで乱れているようで、ジャンルごとに置いていますので、女房と二人で汗だくで、探し回りました。


2)
今日からの「第1回TTアワード記念大会」のために東京に来ています。
審査委員長で16TT卒業のアイ・ケイ・ケイの金子社長と、事前に打ち合わせしました。
東京証券取引所一部上場は、15年前のTTコースで最終決断されたようです。


3)
阿波製紙の三木社長をはじめ、
多くのTT卒業生が東京証券取引所一部・二部、ジャスダック、東証マザーズなどに上場されていますが、
皆様全員が今でも自ら学び続け、幹部社員さん・社員さんのご派遣を頂いています。


4)
今日の田舞徳太郎通信のテーマは、
「理念は浸透します。浸透しないのは理念ではなく単なる美辞麗句だからなのです」です。


5)
大阪センターで理念経営戦略セミナーを終えて、
すぐ翌日から経営理念作成セミナー(経営理念塾の上級コース)でしたが、
この教育カリキュラムは、講師泣かせで心身共にエネルギーを使い切る研修です。
今年も稲葉講師にサポート頂きましたが、私もかなりの時間を添削に割きました。


6)
単に経営理念の添削だけではなく、文章の「を」を「と」に添削することで、
新事業が見えたり、ビジネスモデルも大きく変わります。
マーケティング、人財育成、エンゲージメントも含めての経営理念体系づくりですから、我々も必死です。


7)
今年も20社限定でしたので、ご迷惑をおかけした企業様にはお詫びします。
稲葉講師と二人で、精一杯出来るのは20社までですが、それだけ、経営理念体系の完成は深いものです。
本当は全員が経営理念作成セミナーまで学んで頂ければ良いのですがお許し下さい。


8)
会場は、明治の森・箕面国定公園内の「箕面加古川山荘・明徳庵」で、
毎年2泊3日で行っていますが、最高の場所です。
私が大好きなサウナも水風呂もありますから、非常に大切に作っています。


9)
今回ご参加の方々も非常に真剣でした。
くじ引きで稲葉チーム、田舞チームに10社ずつ分かれての体系づくりでした。
単に「経営理念」を作るのではありません。
事業ドメイン、マーケティング、財務、新規事業など、多岐にわたる幅広い添削をしなければなりません。


10)
驚いたのは、今回は27TTコース卒の方々が4社が参加されていたことであり、
4年前当時の経営方針作成を思い出しました。
ある方は5人で参加で、熱意溢れる添削となりました。


11)
主な経営理念体系は見事なものが出来上がりましたが、宿題も出しました。
つまり、「ものづくり部品のプラットフォーム構想」が大きく膨らんだのです。
IT・Iotなどを活用した問屋機能づくりの添削になり、シリコンバレーから帰国したての私も大いに励まされました。


12)
皆さま方には奇想天外と思われるでしょうが、販売した部品のIotによる管理で、事故回避、不良品回避で、徹底した差別化です。
茨城県を本社に、東京支社を含めて三営業所をお持ちですが、ビジョンに基づき、非常にビジョン的な志の高い企業です。


13)
27TTコース卒の方々が4社全員が高い経常利益率を維持しています。
正しい経営理念は必ず、利益につながるのです。
私は、松下経営哲学と、スタンフォード大学のジェリーポラス教授やジムコリンズ教授の影響を強く受けています。
そこが基本の経営理念塾です。


14)
スタンフォード大学時代、ジェリーポラス教授の教授室を度々訪問して、
理解出来なかったところを貪欲に学びました。教授も親切でした。
日本でも大ヒットした「ビジョナリー・カンパニー」の著者でもありますから、約束の時間を大幅に超えてご迷惑もかけました。


15)
ある時、世界的な製薬会社「メルク」の米国本社のお話を頂戴しました。
まだ、ノーベル賞を受賞する前の大村智教授に大きな支援をされている最中のお話でした。

ジョージ・W・メルクの言葉

「医療品は人々のためにあるのであり、利益のためにあるのではないことを決して忘れてはならない。」


「どのようにすれば全ての人々に最良の医薬品を届けることができるだろうか。
 その答えを見出し、最高の成果を全人類にもたらすまでは休むことはできない。」


 ジョージ・W・メルクの言葉通り、開発した寄生虫病の治療薬をWHOを通じて無償供与し、
メルクがすべての費用を負担し、アフリカなどの村々へ薬を届けて回り、数億人の患者を救いました。


16)
教授室で、言いようのない感動を覚えたことを久しぶりに思い出しました。
苦しんでいた当時の私にとって、崇高な言葉は苦悩を希望に変えてくれました。


17)
ある苦しんでいる企業様も今回はご参加でした。
事業承継、三事業の売上構成比、これからのビジネスモデルの革新、長時間に渡っての添削でした。
気になっていた東京のH君も二年越しで参加し、理念を無事に完成させてくれてうれしかったです。


18)
経営理念は、企業の永続、業績、文化、人財育成、マーケティング、ブランドなどに大きな影響を与えます。
今回ご参加の藤井社長には、経常利益率を0.1%から10.6%にした体験談を60分お願いしました。


19)
同じく和田社長の経営理念体系は感動でした。
原子力の廃炉などの超高度なお仕事をされ、国に直接貢献している企業様ですが、
「働く社員さんは自社の宝であり、社会インフラを守る国の宝である」の、経営理念の一連の流れに感動しました。


20)
経営理念の確立をしているかいないかを比較した調査研究もあります。
理念の体系化企業は、営業利益率、製品開発、マーケティング、ブランド、人財育成、定着率で、圧倒的な成長です。


21)
経営理念こそ経営基盤を磐石にする最大の武器ですが、それが浸透しないという声を耳にします。
浸透しないのではなく、そもそも経営理念になっていないのです。
美辞麗句とか、精神面に偏ると、新しい価値を生み出すことは出来ないのです。


田舞徳太郎

 

親愛なる皆様へ
お元気ですか

1)
本日まで東京開催の可能思考研修特別SA 自己成長コースでした。
内容も「人と企業の成功づくり」のテーマのもと、会社からのやらされ感が一掃されています。


2)
再受講の経営者の方々も多く、大いに楽しんでリニューアルの教育カリキュラムを講義しています。
研修も不易流行です。


3)
やはり、最近のご受講生には、論拠(エビデンス)となるものが必要な時代になりました。
データを出しながら講義すると、「なるほど」という表情で、頷きながら聴く人が増えてきています。


4)
特に、可能思考能力の定義づけを徹底しており、今回再受講だった方々は驚いておられました。
なるほど今後の人づくりや企業経営には不可欠なものとご納得頂いています。


5)
気づきにはレベルがあって、気づきやすさも大切だと思い、リーダーの条件の講義にも論拠解説に熱意を込めました。
お二人から、質問もありました。32年間で初めてのことです。


6)
今回も経営者の方々が多く参加されていますが、
危機感を持ちながら、希望学の講義に素直に耳を傾けておられました。


7)
東京大学社会科学研究所の玄田教授が、
月刊「理念と経営」に論文をご提供頂きましたが、まさに可能思考能力そのものです。


8)
日本人は、色々な国と比較しても希望をもつ人々が少なく、
「なぜ、我々日本人は希望を持てないのか?」のディスカッションも行ないました。


9)
やはり、経常利益率と可能思考能力には因果関係があり、
「可能思考能力はイノベーションには不可欠条件」だと確信しています。
増益経営計画書セミナーも始まりますが、単年度の増益だけに焦点を絞っています。


10)
究極、マインド(考え方)をイノベーションせずに、
ビジネスモデルや技術革新を説いても、イノベーションリテラシーは低いままです。
リテラシーの低い人は、利益が出ると有頂天になり、一挙に落ちてしまいます。
高度な競争社会到来は、随分昔からの未来学者の予告です。


11)
さて、第1回TTアワード記念大会の各部門の受賞者が決まりました。
受賞者は開催当日に発表しますので、楽しみにお待ち頂ければと思います。
現地に出向いてインタビューをさせて頂きましたが、各部門とも素晴らしいです。


12)
私は現地訪問はさせて頂きましたが、
様々な企画はすべて実行委員長が取り仕切り、プロジェクトがチームで動いています。


13)
初めての事であり、不慣れで皆様方にはご迷惑をおかけしていますが、
各部門の受賞者のDVDづくりも徐々に進んでいます。


14)
アイ・ケイ・ケイの金子社長が審査委員長となり、当日も本会場の東京センターでご挨拶頂きます。
金子社長は16TTコース修了ですが、高い成長率で拡大戦略ではなく成長戦略が素晴らしいところです。


15)
人財育成部門の審査員は、武蔵境自動車教習所の高橋勇会長ですが、
高橋会長と受賞者が、偶然「新しい時代の社長学」で一緒に学ばれています。
人財育成部門らしく、一人当たりの年間教育費は51万円にもなるそうです。
きちんと必要利益が取れないとうまくいきませんね。


16)
理念経営部門は、創業の精神に魂が宿ります。
審査員は経営理念塾でサポート頂いている熊本駅構内タクシーの稲葉伸一郎社長で、
28年前の3TTコース修了です。


17)
逆境部門は、株式会社ミヤザキの山之上道廣社長が審査員です。
お電話で現地訪問のお礼をお伝えしたところ、
逆に「いや、田舞さん、あの逆境を乗り越えた経営者は偉い・・・」と、深い感動を述べておられました。


18)
山之上社長もご苦労をされていますから経営は手難いです。
売上20億円で経常利益が8億5,000万円計上されています。
ご子息は31TTのファシリテーターをしています。


18)
コアコンピタンス部門は、業績アップ上級コースのチーフアドバイザーを実に17年担当頂いている
鹿児島の今別府産業の今別府英樹社長です。
松原社長と一緒に、ご多忙な中を現地訪問下さいました。
この会社も絶望に近い状態からの再生ですが、20%以上の経常利益です。


19)
新ビジネス部門は、ピーターパンの横手和彦会長が審査員ですが、末武専務と現地訪問です。
不思議と5つの大賞とその審査員の皆様方は、ほとんどが大きな困難を乗り越えてこられました。
まさに苦あれば楽ありですね。


20)
第1回TTアワード記念大会の当日のご参加者には、
「TTのその後」とか「アワード発表後の学び」などを発表頂きます。
今回は同一の会場に集合ではなく、最寄のセンターのサテライト会場で費用なしで学べます。


21)
サテライトで順繰りとつなぎ、全国への発表も行います。
開催は10月8日(月)の9時から18時までです。
ファシリテーターさんも参加されると思いますので、心よりご参加をお待ち申し上げております。


22)
最後に、月刊『理念と経営』創刊号からご支援頂いている、
焼酎「蔵の師魂」でおなじみの小正醸造様が、社長交替されました。
新社長は、ウイスキー醸造にとりかかり、4代にしてそのビジョンを実現しています。
田舞塾では、工場視察とケース・メソッド授業です。
経常利益10%以上の企業は、TTコース修了者や、起業家養成スクール卒の活躍が目立ちます。
TTアワード記念大会が楽しみです。


田舞徳太郎

親愛なる皆様へ
お元気ですか


1)
7月5日からの大雨により、11府県で大雨特別警報が発令されるなど、
全国各地で記録的な雨となっており、河川の氾濫、大規模な浸水、土砂災害が多数発生しております。
被災された皆様へ心からお見舞いを申し上げますと共に、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。


2)
また、岐阜経営研究会歴代会長の永井 康貴さん(永井建設(株)代表取締役、22TT卒A社)が、
かねてより療養中のところ、7月6日の11時49分にお亡くなりになられました。享年51歳でした。


3)
田舞塾と社長塾は欠かさず学ばれて、数年前にケース・メソッド授業を行なったことが思い出されます。
非常に控えめな方ですが、お電話でインタビューした際の、誠実なお人柄と表情が思い浮かべています。


4)
一昨日まで京都で田舞塾の早いもので第11講でした。
初日は36歳の青年経営者の講演でした。美しいお話で、ベンチャー精神に溢れ、人間性の高さに驚きました。


5)
お生まれが福井県の方ですが、邪心がなく、安易な抽象論でもなく、論理的で、科学的で、人間的です。
ご講演中は、「こういうすごい若者がいる。」と、まさに橋本佐内の現代版でした。


6)
ご講演が終わると、講師の先生に自然と頭を垂れました。
「どうしたんですか?今まで講演後にあんなに深く敬意をされたことはありません。そんなに良かったのですか?」
田舞塾に10数年参加されている方が驚かれていました。


7)
私は怒るときにも素直に伝えますが、ご立派な方は年齢に関係なく尊敬に値します。
農業の話でしたが、人間の営みが、儲けに変わっていく、否定も肯定もしない、その歴史感覚も鋭い内容でした。


8)
鴨川が今にもあふれ出すようで、緊急速報がけたたましく鳴る中を、
素晴らしい女性経営者のケース・メソッド授業でした。
現在、県内No.1ですが、詳細は後日お送りします。


9)
さて、「新しい時代の社長学」は、お申込みを締め切りました。
ご参加者だけですでに110数名になり、フォローが重要なセミナーだからです。


10)
200万円という高額な受講料ですが、他にも多くの希望者がありました。
心から我々を信頼下さる皆様に、感謝申し上げたいと思います。


11)
すでに事前宿題と事前訪問をしながらヒアリングから始めています。
皆様、期待しておられ、すでに今から身の引き締まる思いです。
訪問してみないと分からないことがありますね。ご提案に「なるほど」と、お教え頂くことがあります。


12)
先日、事前訪問したアクティベーターからの報告がありました。
この社長様は、伊與田覚先生の社長塾を最後の一回だけ学ばれた、"最初で最後"の記念すべき方です。
最初の出会いは、私が担当した可能思考研修基礎コースでしたが、
「社長塾の途中入塾をしたい、ぜひ、伊與田覚先生のお話をお聞きしたい」という、それがご縁でした。


13)
やはり、道を求める人は違いますね。
松下経営哲学では「金を追ったら、金が逃げて行くよ。志を追え。」とありますが、
志を追う人ほど、不思議に繁盛していますね。


14)
昨年はご子息を起業家養成スクールでお預かりし、
親子でTTコースや、箕面加古川山荘・明徳庵の経営理念作成セミナーにご参加でした。


15)
創業103年の企業ですが、軸足が企業の永続性ですから、
日創研の価値観とも馬が合いますね。いかに長く続けるかは重要です。


16)
ヒヤリングの簡単な内容です。

●新しい時代の「社長学」導入目的
 現状の業態では、現状経常利益10%を超えることは厳しい現実にある。
 しかし、これから200年企業を目指していくためには、
 業務革新を行い、事業転換を含めた全社的な構造改革をしていく必要がある。そのために今回の社長学に参加する。


17)
早速、事業の構造改革の講義時間を少し長くすることにしました。200年企業を目指しておられるからです。

●現状の課題
 構造改革していくためには、幹部はもちろんだが、一般社員全員が学ばなければならない。
 社員のほとんどが「職人」感覚の社員が多く、まだまだ勉強不足だし、知識不足な面があり、その点が課題。
「経営感覚」を持った社員を育成していくためにも今回の社長学には期待をしている。


18)
歴史のある会社ですから、経営理念塾でのご参加の時はご苦労されました。
一山も二山もありましたが、見事な理念体系です。


●不安材料や懸念材料
 期待をしているので、特に不安や懸念材料はない。
 2年前から可能思考研修を導入して抵抗もなく研修に参加してくれているし、社風も良くなっている。
 あえて言うなら、社長学と同時に業績アップ上級コースも受講するので、そちらのサポートをお願いしたい。


19)
あわせて社長塾も受けておられ、正反対の経営戦略の学びですが、
業績アップ上級コース(コア・コンピタンス経営)とも、すべて一連に繋がっています。


20)
コア・コンピタンス経営は、お客様中心の顧客価値経営です。
大阪の業績アップ上級コースは、定員150名ですが、すでに190名を超えました。
私たちが長年お伝えしてきたことが認められたようで、うれしい気持ちです。
アンケート調査では、経常利益率10%以上の会社の8割がコア・コンピタンス経営を導入されています。


21)
今日は、日創研でも「新しい時代の社長学」に基づいた「壁を打ち破る会議」が行なわれます。
私は、明日から名古屋センターで可能思考研修SA 自己成長コースです。


22)
T社様は、我々を信頼して下さり、可能思考教育の継続導入をしておられ、
13徳目の朝礼や「理念と経営」共に学ぶ会も即導入されています。
さらに私たちも努力して、「中小企業の活性化・人と企業の成功づくり」の努力をしてまいります。

田舞徳太郎


 
 

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

最近のブログ記事

アイテム

  • home_visual02.jpg
  • tamaitsushin01.jpg
  • IMG_9808伊與田先生.JPG
  • P1020602.JPG
  • P1020493.JPG
  • P1020555.JPG
  • IMG_2510.jpg
  • IMG_2463.jpg
  • 整理3.JPG
  • 整理2.JPG

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。