ー過日、「箕面加古川山荘・明徳庵」で合宿されたK社長は、
 〇〇事業で約30億近くの売り上げですー


ー起業家精神養成スクール27期・28期の
 ビジョン経営沖縄セミナーは非常に有意義に修了しましたー


1)
初めての起業家養成スクール生の
ビジョン経営沖縄セミナーが、
無事に6日間修了しました。

34TTも12月6日から、経営方針と経営計画の発表を
3日間行い、新しい戦場へスタートです。

2)
おそらく大きな希望をもって、来年を戦われると思います。

渋沢栄一翁を見出した徳川家の側近が平岡円四郎ですから
34TT総リーダーも平岡さんなので、
この34TTからも渋沢栄一翁のような
立派な上場企業も出るのではないかと思います。

3)
昨日は取締役一同が、遅くまで2022年度の
日創研グループの経営方針と計画の討議会でした。

厳しくなる経営環境に、
日創研としてどのような新機軸を打ち出していくか?

4)
勿論、議題は、
「ジョブ・ナビ(仕事の効果的すすめ方)」活用、
オンライン無料セミナーも一つです。

5)
雇用の問題では、長期失業者はリーマン・ショック後は
120万人を超えた時もあったようです。

今回のコロナ問題はいち早く
「雇用調整助成金」が出て多くがそれで凌いできました。

?原材料や物価の値上がり。
?売り上げが伸びない企業は雇用を抑える。
?リストラ予備軍の懸念もあります。
?賃金の上昇は間違いないでしょう。

生き残るには生産性アップです。

日創研は、損益構造への着手や組織マネジメントなど、
しっかりと準備してお待ちしています。

6)
円安でトヨタなどは数千億の為替差益が出ていますが、
輸入する側は更に追い打ちで物価高です。

しかし、松下幸之助翁は、何があってもすべての事柄を
正面切って受けて立つ気概がおありでした。

7)
とくに、廃業が増えていますが、
小さな企業ほど注意をしなければなりません。

大企業は0.3%しかなく、残りの350数万社のうち、
小企業が約160数万社あり、
後継者問題、事業継続など、難しい局面です。

8)
昨日まで6日間に及び起業家精神養成スクールの
ビジョン経営沖縄セミナーでしたが、
27期生には檄を飛ばし、
どんな逆境にも敢然と立ち向かう生き方をされた
松下幸之助の経営問答の話をしました。

9)
実際に、過日「箕面加古川山荘・明徳庵」で
合宿されたK社長は、〇〇事業で
約30億近くの売り上げです。

正面から挑むという、指導者の一念が、
事業を成功へと導いていくのです。

10)
新春経営者セミナーの来年のテーマは
「陽はまた昇る」ですが、
K社長の企業はまさに増収増益です。
 
11)
K社長は、青年会議所の後輩です。
JCの例会で私も講演しましたが、
K社長が例会担当だったからです。

やはり、企業経営や、人財育成に熱心で、
上場準備もされているようです。

12)
K社長他15人ほどの経営幹部が、
よく「箕面加古川山荘・明徳庵」で合宿され
幹部も熱意溢れる方々ばかりです。

理由は、全員が可能思考・メソッドを受講されており、
冷静かつ勉強熱心です。

13)
松下幸之助翁に44年仕えられた木野親之先生は、
「心が燃えずにうろたえていては、
 偉大な事の成就は絶対に不可能なのです」
と、名言されています。

14)
どうぞ、アフターコロナ対策は「人財」で決まります。

何故、人で決まるのか「データ」があります。

成功企業には、成功のパターンがあり、
逆の場合の企業にもあるのです。

我々は35年間「パターン」を学習し認識しています。

15)
K社長の業界は、こぞって日創研にお見えになりました。
一つのブームです。

それから10年、K社長は早くも30億円。

継続して、可能思考教育やら
ビジネスセミナーを活用されただけです。

K社長は時を読む目があるのです。

16)
起業家精神養成スクール27期生の2年目の修了式です。

コロナでシリコンバレーに行けず、
親子でのビジョン経営特別セミナーです。

彼等、彼女たちのご成長を祈るのみです。

コロナとはいえ、お詫びするのみです。

ージョブ・ナレ(仕事に活かす効果的知識)と
 ジョブ・ナビ(仕事の効果的すすめ方)の活用法ー

ーセミナーの内容「人財育成と業務活用の効果性」
 「生産性を向上させる具体策」
 「毎月の経営方針と計画セミナー」ー


1)
昨日の田舞通信の、
いつでも、どこでも、いくらでも学べる、
効果的な継続学習の仕組みが、
ジョブ・ナレ(仕事に活かす効果的知識)と
ジョブ・ナビ(仕事の効果的すすめ方)のアプリ版です。

2)
その効果性は昨日の田舞通信でお伝えしましたが、
具体的な説明会を下記の要項でお伝えします。

●グロース・カレッジ
「ジョブ・ナビ(仕事の効果的すすめ方)活用セミナー

1. 12月6日14:00?15:30 
  テーマ「人財育成と業務活用の効果性」梅原講師
2. 12月10日14:00?15:30 
  テーマ「社風とマネジメント」末武講師
3. 12月14日18:30?20:00 
  テーマ「生産性の向上策とヒューマンエラーの関係」田舞徳太郎
4. 12月22日14:00?15:30 
  テーマ「年度経営方針活用と月次管理と経営計画を活かせ」松原講師

※申込受付の準備が整いましたら、またご案内します。

3)
アメリカ経済は、物価高と労働力不足のようですが、
それでも消費意欲は高いようです。

日本経済は物価高ですが、内在的に消費意欲は落ちています。

4)
企業は人員削減の業界も多くなっているようです。
コロナは下火ですが企業には賃金高騰圧力です。

ですから、解決策は一人当たりの生産性を上げるしかないのです。
 
5)
日創研を活用されている企業の方々へは、
「賃金は高く、労働分配率は低く」をお伝えしています。

そのためには「一人当たりの生産性」を上げるしかないのです。
ただ、これは理屈理論です。

6)
そうではなく、私は実務経営者として実際に
「会社ぐるみでやって見せる」ことが大事だと思います。

そのためには、見えないところで生産性を阻害している
「ヒューマンエラー」の撲滅が第一です。


7)
それだけではありません。
作業工程や、業務の進め方に無意識に存在する
「システムエラー」を発見し、
かつ、損益構造の見直しを計らなければならないのです。

8)
グロース・カレッジには、ジョブナレとジョブナビの
二種類のソフトがあります。

いつでも、どこでも、誰(社内)とでも、
効果的な知識の取得をし学べる組織づくりが大切です。


9)
単なる肉体労働では、付加価値を生めない時代となり、
働く人のマインドイノベーションが重要になります。

一人一人が生産性向上に挑み、
自らの業務の習熟度や、業務統一へのコミットメントがいる時代です。

10)
また、業務や効果的な仕事の仕組みを設計し、
ムダ・ムラ・ムリの排除は避けられなくなりました。

一人の人のミスが、大きなコストを生み、
生産性の低下を招いています。

11)
中小企業には、オペレーションの革新とか、
標準化によるコスト低減の意識が薄い傾向にあります。

とくに、付加価値を生み出すためには、
創造性開発などの認識や、経営戦略をもった幹部も不可欠です。

12)
「ジョブ・ナビ(仕事の効果的すすめ方)」の役割は、
技術、作業工程、時間短縮昨、情報の共有など、
革新することで、飛躍的に「業績向上に役立ち」、
生産性を高めるのです。


13)
ジョブナビの仕組みは、すべての業種に最大活用できますが、
今回のオンライン無料セミナーでは、
色々な活用の仕方を学ぶことができ、
その事例を動画で見て頂きます。

14)
〇〇ホームさんは建築業ですが、
「営業・施主さんとの打ち合わせ・現場監督・
大工さん育成」にも大いに役立ちます。

そうした活用で、先ずは「現場監督の育成」に
「ジョブ・ナビ」の仕組みを導入されると思います。

15)
愛媛のマルブンの真鍋さんには、
イタリアン料理の料理技術の伝承活用動画を依頼し、
マルブンマニュアルを通して
如何に調理長の負担をなくすかに挑んでいただきます。

12月14日の私の講義テーマは「生産性」を中心に
お伝えします。真鍋さんのフライパン姿をお見逃しなく。


16)
松原講師の役割は、ジョブ・ナビでの
?単年度の経営方針と、?計画の促進、?月次の方針、
数値管理などに活用する具体的な取り組み方です。
効果的な運用で、人を育てることも出来るのです。

相当、進捗管理がスムースになるシステムです。
動画で標準化・見える化ができるのです。

17)
また、末武君の講義内容は、ジョブ・ナビを
社内のコミュニケーションとして活用する方法です。

社内を活性化することが出来、
健全な社風の改善改革につながる講義です。
ージョブ・ナレ(仕事に活かす効果的知識)と
 ジョブ・ナビ(仕事の効果的すすめ方)ー

ーコロナ後の貴社の飛躍となる「中小企業の企組織」に
 向けた大きな切り札にして下さいー


1)
O県で影響力のあるY先生ご夫妻が、
「SGAセミナー(60日間研修)」をご修了為されました。
M社長、K社長からお勧め頂き、奥様と一緒の受講です。
80歳で挑まれました。

2)
そのY先生からのメールです。

「一生の大きな宝物を頂きました。
 80 歳ということもあり、
 講師・アドバイザーの皆様に感謝です。
 今回、家内と共に 60 日間学ばせて頂いたこと、
 最高の学びでした。

 25 年間程、一緒に生活していますが、
 日頃気付かなかった家内の良さ、
 才能を見て、驚くやら、嬉しいやら、
 重ねてご紹介頂いた「M社長・Y社長」お礼を申し上げます。」

3)
「日々、成長していく妻のその姿を見て家内に
 やさしくなり、感謝力が増す最高の学びの体験でした。

 夫婦円満の特効薬が SGA にあるとは知りませんでした。

4)
「今後、この研修はご夫婦で受講して頂く
 仕組みをお願いします。

 今回の業績向上目標は
 『人生 80 年、会計事務所 60 年の経験を書籍にする』
 ことです。」

5)
「本の目標実現期日は 2022 年 3 月 5 日、
 私の 80 歳の誕生日に設定しました。

 執筆作業が SGA60 日間で順調に進み、
 目標実現の見通しが、ついたことも
 大きな研修成果です。」

6)
「今回の研修で、ますます学ぶことの重要性の
 再確認も出来ました。

 昨年 12 月で、会計事務所から離れ、
 これからの「夢、希望、目標」が見えなくて、
 悶々とした日々を過ごしていましたが、
 今回の SGA で明確になり「肯定的自己実現宣言」は、
 「学んで、学んで、やるぞ社会貢献」となりました。」

7)
今日はシリコンバレーセミナーが出来なかったことで、
27期・28期の起業家養成スクール生の為、
6日間の「ビジョン経営セミナー」の5日目です。
社長と共に10年後を描いています。

8)
ビジョンや、経営理念や、使命・目的・目標を持つことが、
人間最大の幸福であり、成功です。
つまり、明確に向かうべきゴールがあることが、
日々を充実させていくのです。
Y先生ご夫妻に感謝です。

9)
さて、日創研のトータル経営戦略の大きな一つ
「グロース・カレッジ」が形になりました。

構想から7年近くになりますが、
最初は見事に失敗でしたが、技術の進化で日の目をみました。

10)
グロース・カレッジには、
ジョブナレとジョブナビの二種類のソフトがあり、
目的は多岐にわたります。

いつでも、どこでも、誰(社内)とでも、
ディスカッションし学べる仕組みです。

11)
?生産性向上、?業務の統一性、
?ムダ・ムラ・ムリの排除、?ミス防止、
?創造性開発などの役割は、
●「ジョブ・ナビ(仕事の効果的すすめ方)」が担当します。

技術、作業工程、情報の共有など、
飛躍的に「業績向上に役立ちます」。


12)
すべての業種に最大活用でき、
例えば、建築業だと「営業・価格交渉・現場監督・
大工さん育成」にも大いに役立ちます。

病院だと、受付、新人ドクターのオペ技術、
看護師さんの業務の標準化が行えます。

13)
また、ジョブ・ナビは、
年度の全国経方針と計画の促進、月次の方針、
数値管理などにも役立ちます。

相当、進捗管理がスムースになるシステムです。
すべてが動画で標準化・見える化ができるのです。

14)
さらにジョブ・ナビは、
社内のコミュニケーションを活性化することが出来ます。

日創研が行っているものが多くありますから、
貴社は日創研提案を、自由に「自社用」にすればいいのです。

15)
「ジョブナビ」は、部署ごとのオペレーションを
動画によりマネジメントします。

つまり、オペレーションは一人の社員の
ちょっとしたミス(事例?報告・連絡・確認)などで、
ヒューマンエラーにより崩れていきます。

16)
貴社のオペレーションを確立して、
一人一人のオペレーション(作業・業務)に
ボトルネックを減少すれば、
すべてがスムースになり
??????組織の成果を作ることが出来ます。

17)
中小企業の経営の大きな課題は生産性の低さです。
「ジョブ・ナレ」と「ジョブ・ナビ」で
徹底して生産性を高めます。

18)
知識は学ぶ事で体得できます。
「ジョブ・ナレ」は「ところどころに質問」をいれ、
経営理念体系、戦略参謀論、マーケティング、
販売戦略、コア・コンピタンス経営など、
トップ、幹部、幹部候補、社員、パートさん、
アルバイトの考える力と、行動様式を養います。

19)
とくに、トップ・マネジメント、ミドルマネジメント、
ロワーマネジメント、
一般社員、パートさん、アルバイトさんの
担当業務について正確なスキルが身につきます。

20)
ビジネス知識や、月次景気ウォッチや
仕事の知識を持つことで、経済動向が理解されます。

明日の田舞通信は、
ジョブ・ナレ(仕事に活かす効果的知識)をお伝えします。

お読み頂き感謝申し上げます。
ーありがとう卓越経営大賞の審査委員長は
 伊藤忠商事?元会長の丹羽宇一郎様教授ですー

ー貴社の幹部・社員・功労者の「ご推薦状」をお送りください。
 受賞する人は人生の最高の贈り物ですー



1)
サバイバル経営フォーラムが終わり、
すぐに東京での「新しい時代の社長学」。
そして、帰阪してからも原稿に追われています。
移動の新幹線で一つ片付けました。

2)
社長学では、
月刊『理念と経営』で大変お世話になっている
丹羽宇一郎様が講師をして下さいました。

研修や月刊『理念と経営』などを続けていますと、
素晴らしい方に出会います。そのご縁がさらに広がります。

3)
私の講義は、経営理念と経営戦略の整合性の話でした。
マブチモーターの海外戦略論ですが、
実に昭和30年代に海外に出て行かれています。
 
4)
リアル開催で、休憩などの会話は実に弾みます。
「君ところの参加者は熱心だね。この人達は大丈夫だ!」
と、質疑応答の手ごたえを感じられたご受講生を
丹羽宇一郎先生に褒められました。
 
5)
伊藤忠商事といえども、
住友や三菱などの財閥系とは違いますが、
売上はともかく「利益」は上です。

名を追うな、経営者は実をとれ・・・
など、経営の本質論です。

6)
昨日は、来年の打ち合わせで
「箕面加古川山荘・明徳庵」に行き、
瀧道往復五キロを歩きました。

今日から、起業家養成スクール33期・34期のための
ビジョン経営セミナーで、6日間行います。

コロナで起業家養成スクール生には
一番迷惑をかけました。

シリコンバレーに行けず、
親子でのビジョン経営セミナーです。

苦肉の策ですが無念です。

7)
過日は、田舞塾の開催をリアルとオンラインで行いましたが、
23年目で、3回のケース・メソッド授業をされる
びわこホーム様でした。

8)
京都のI社長様が、びわこホーム様の感想を
メンバーに送信されておられました。

「以前、びわこホームさんの勉強会に
 お邪魔させていただいたことがありました。

 協力業者さんを交えての勉強会で、
 普段現場に出て働いておられる職人さんたちが
 向上心を持って学ばれている姿に

 あれこそが、他社に真似できないびわこホームさんの
 強みであると深く感じ入りました。

 普段は陽の当たらない職人さんを表彰状する上田会長と
 照れ笑いを浮かべて表彰状を受け取る
 職人さんを見ていると

 会社が一丸となっていることが一目で分かりました。」

9)
クラス討議は、新市場への参入です。
流石に田舞塾の皆さんは「新市場の情報」を多くお持ちです。

65歳以上の方が多くなる!
どう対策を打つべきか?
具体論です。

10)
一昨日の東京での「新しい時代の社長学」では、
情報参謀、兵站参謀、作戦参謀の重要性を、
企業経営の観点でお伝えしました。

田舞塾メンバーは「情報参謀役」です。

11)
兵站参謀は、人員や、資金や、武器弾薬や
地の利などを担当する専任参謀です。
ライバル迄調査です。

12)
びわこホームさんは、兎に角勉強熱心な会社様であり
協力企業様を大事にします。施主さん訪問は毎月です。

上田社長が新規市場に参入する戦略は
「新しい時代の社長学」がヒントです。

13)
新しい時代の社長学では、
毎年「CIA診断で顧客価値と提供価値」の
ギャップ分析を行います。

チャンスや可能性に敏感な上田社長は
すぐさま「手を打つ」のです。

14)
すぐに実験する社長ですから、
アクションプランを立案して「ブランディング戦略」に打って出て、
着工軒数を大幅に伸ばされたのです。
 
15)
真剣に取り組む者は知恵が出る。
中途半端な者は愚痴が出る。
いい加減だと言い訳が出る。

まさに、上田社長の経営に懸ける真剣さが
「智慧を出し、先行投資」に踏み切られたのです。

16)
上田社長とお電話で話しました。
現場が増えてその対策を打ち合わせと
私からのお願い事項です。

つまり、「現場監督の早期育成」のご提案です。
大変お喜びで、大きな武器になるとお喜びでした。

17)
「これから始まる「大企業の中小企業化」の備えよ」
と、伊藤忠商事元社長丹羽宇一郎さんは述べています。

「成長する企業と衰退する企業は何が違う!
 それは指導者だ!」

と、納得の講義でした。

18)
丹羽宇一郎様は、新春経営者セミナーでの
?????ありがとう卓越経営大賞「管理者・社員・功労者大賞」
の審査委員長です。

新春経営者セミナーはオンラインに加え、
200名限定でリアルでも開催します。

是非、幹部さんや、社員さんや功労者の
「ご推薦状」をお送りください。

必ず、受賞する人の人生への最高の贈り物になります。

19)
変わる勇気と覚悟を持った組織だけが生き残り、
これからの世界を支配する。
トップ自らが問題と対峙し、
人財とアイデアをつなげて最適化せよ。
修羅場を戦ってきた人の鋭いお言葉でした。

ーメジャーリーグの大谷翔平は
 今年は「よく落ち込むことがあった」と述べています。ー

ーN社長の経営幹部は命がけで会社を守った
 (「企業事例に学ぶ社長幹部の実践学校」は凄かった)ー


1)
大谷翔平さん、藤井聡太さんの二人の若者は凄いですね。

大谷翔平さんは記者会見で「落ち込むことが多かった」
そのように述べていました。
勝敗の後を素直に振り返り・反省されたのですね。

2)
そして、反省した事に深く気づいて、
同じことをくり返さないように学習し、
更に実践しています。

全米の人を魅き付けたのは「一生懸命さ」だったのです。
手を抜かない。考え抜く。


3)
藤井聡太さんも、最年少の四冠に輝きましたが、
小さい時から相当の努力ですね。

あの笑顔とはにかみがいいです。
二人に共通するところは努力と素直さです。

相当、深く考えて駒を動かし、
深く考えて投げ・打ち・走る。
そして深く体験をプロセスする。

習慣になっているのです。
能力×素直さ×考える力=成果を創り出す3つの力です。

4)
いつの時代もよくジェネレーションギャップという人は
いますが、基本は全く同じです。

大谷翔平さんは、中学時代まで体も小さく、
今の様なイメージはなかったようです。
 

5)
大谷翔平さんのお父さんが言うのですね。
「何事も一生懸命やれ!」
?一生懸命走れ、?一生懸命キャッチボール。
?大きな声を出せ。つまり、基礎・基本教育ですね。

藤井聡太さんも同じです。懸命に考える。

6)
藤井聡太さんは、学校の勉強も手を抜かない。
将棋の練習を毎日欠かさない。言われてやるのではない。

絶えず、一コマ一コマの体験を考える
(振り返る・反省・気づき・学習)。
その上で素早い実践です。

7)
「成功する会社と成成功する会社と
成功しない会社の差というものは、
私は紙一重だと思います。

たとえば、今後、価格の競争が激しくなってくれば、
われわれの製品のコストを
10%引き下げるということを、当然やらなければなりません。

もし下がらなければ、
なぜ下がらないかということに対して、
内外の衆知を集めなければならないのです。

それを、自分の知恵の範囲で、会社の知恵の範囲でいろいろ考えて、
これは無理だ、できないと言って投げやってしまえば、
これは絶対にできないわけです。

どうしてもやっていくんだというところに、
一つの成功の糸口がだんだんとほどけてきて、
必ずその成果が上がると思うのです。
(PHP総合研究所編『松下幸之助一日一話』PHP研究所より)

8)
これは、木野親之先生の
『松下幸之助に学ぶ 指導者の365日』ではなく、
PHP総合研究所の
松下幸之助『一日一話:仕事の知恵・人生の知恵』
からです。

?現場、?部下、?上司、?お客様、?両親などの声を、
ある意味素直に聞くという事です。

9)
企業は、社長や、専務以下トップマネジメントが、
如何に真剣に自社の経営を「考えているか」ですね。

お客様の声も素直に聞きながら、物事を深く考える力がない
と「判断力」は身につきません。

10)
過日の13日にあった「社長幹部の実践学校」では、
若い経営幹部三人が、赤字が続くN社を再生させた事例でした。

1.自分自身の安易な考えを捨てた(小さな固定観念)です。
2.素直になって考えてみると本質が見えた。
3.経営幹部という責任や任務に気づいた。
4.可能思考・メソッド(SGA)の最中で、全てを前向きで
 考えた。
5.売上ゼロを、どのように売上を作るか必死で考えた。
6.自分の問題だとして、判断基準を会社に置いた。
 

11)
過日の13日にあった「社長幹部の実践学校」では、
若い経営幹部三人が、赤字が続くN社を再生させた事例でした。

1.自分自身の安易な考えを捨てた(小さな固定観念)です。
2.素直になって考えてみると本質が見えた。
3.経営幹部という責任や任務に気づいた。
4.可能思考・メソッド(SGA)の最中で、全てを前向きで
 考えた。
5.売上ゼロを、どのように売上を作るか必死で考えた。
6.自分の問題だとして、判断基準を会社に置いた。

12)
N社様は東日本大震災で、電力ストップに遭い、
お店がオープンできません。

売上ゼロが続き、一年ならいざ知らず、
二年、四年と赤字が続くのです。

13)
その時に活躍したのが、3人の経営幹部です。
可能思考で無我夢中でワンチームになったのです。

会社と社員の為に「小さな自分の考えを捨てよう」
そう覚悟が決まったようです。
 
14)
そして、売上ゼロの既存店を閉店する社長の姿に呼応して、
3人が立ち上がるのです。

新規のお店を成功させるために、一日2時間と、
寝る間を惜しみ目標に立ち向かいます。

15)
N社長は次々に閉店しながら、
新業態で稼ぐべく必死に新店探しです。

資金が底をつきかけていますから、安い立地、
他に借り手がないお店と契約です。

16)
経営幹部3人は、一人は人材募集と教育、
一人は内装工事を部下たちと行います。
もう一人は、クローズした備品の使えるものを
全員で必死に磨き上げます。

17)
お金がないことの辛さや苦しさを体験しながら、
3人はワンチームとして励まし合い相談し合います。

大谷翔平さん・藤井聡太さんだけでなく、
人間は真剣になれば知恵が出るのですね。

18)
オープンさせて○○戦略を自分たちで立案し、
テレビ局が多く集まるような企画を練り上げます。

3人の経営幹部の思いが天に通じたかのように、
お客様が行列のように並び大繁盛をつくります。

19)
12店舗を立ち上げて、既存店舗以上の売上や利益を
作っていきます。

過日、田舞通信で、
「クソやろう幹部が会社を救った」の、
あの企業様と3人の幹部です。

20)
今日は、経営幹部に悩むS社長に、
私はこの「3人の経営幹部」の話をしました。

S社長の役割は、「トップマネジメント」を先に育てる必要が
あるのです。

先ずは判断力です。知恵の文字は、「知(健全な判断力)」
に、「恵まれた」幹部育成です。

21)
S社長に、4点をアドバイスしました。

1.「経営で一番難しく重要なのは値決めです。
 京セラの稲盛さんも大事にされている」

2.「丁寧な数値感覚と、経営全般を学ばせること。
 部分しか見ない幹部になってしまっている」

3.「どうしてもらいたいのか?
 トップマネジメントに明確に伝えなさい。」

4.時代が大きく変わる・だから大きなチャンスにする
 (可能思考能力の時代)

22)
中小企業の泣き所は、マネジメント感覚や、
損益構造感覚の教育がなされていないところです。

ただ、N社長の会社は、99%の崖っぷちで三人の幹部が
立ち上がって危機を突破したのです。

23)
経営相談のS社長の苦悩は良く分かります。
どの中小企業にもある経営幹部の力量です。

私は、「貴方が選んだ人や。目的や意味の理解、
そうした本質の理解能力を鍛えるしかない」

そして、大谷翔平選手の話をしました。
メジャーリーグで身につけたのではない。
日本でも基本は同じ。

プロになってからではない、
父親に「一生懸命」と言われたことを実行した?????迄のこと
です。

24)
S社長と同じように経営幹部でご苦労されている方々も
おられると思います。
どこの社長も、自分の部下の成長が一番嬉しいはずです。

25)
昨日は「経営サバイバルフォーラム」でした。
海外戦略ですが、メキシコからもつないでのダイアログ
です。

今日は、東京センターで「新しい時代の社長学」の
リアル&オンラインです。

大谷翔平選手・藤井聡太四冠を見習って、
経営者は経営者らしく、幹部は幹部らしく
己を磨きましょう。

ーJCの親友のご長男が「230億・経常利益率10数%」
 の社長になって田舞塾で講演されたー

ー「三人行けば、必ず我が師有り。
  其の善なるものを選びて之に従い・・・」
  論語・述而第七ー



1)
技術立国、成長と分配で、岸田総理時代になりましたが、
COP26が言う様に火力発電40カ所計画は、
世界から、日本を名指しで「化石」という言葉まで
もらっています。

2)
テレビでトヨタの水素電池燃料車のCMが流れています。

ここは、水素燃料発電所構想など、研究開発し、
世界のスタンダードをとるべきですね。

3)
18歳以下の子どもを対象にした給付金は、
親の年収が960万円の方にも分配のようです。

1000万円以上のお給料は
日本の生産人口の4%しかもらっていない。

統計を取った上での給付金議論なのでしょうか。

960万円は富裕層に近いはずです。

4)
また、週刊誌やマスコミの報道は、
眞子さんいじめが多すぎるのではないですかね。

SNSでも相当傷つくのに、それを報道する人たちが、
やれ落ちただの、ああだのこうだの、
日本の品格が泣きます。
 

5)
それよりも、都議会議員や〇〇問題など、
曖昧な問題を明確に報道するべきです。

個人情報保護法もあるのに、度が過ぎると思います。

6)
今日は、経営の神様の、
生産性と顧客満足に関してのお言葉です。

松下幸之助翁が、ある床屋さんに行ったときのお話です。

以前、ある床屋さんに行ったとき、
サービスだということで、
いつもなら1時間で終わるサンパツを、
その日は1時間10分かけてやってくれた。

つまり、床屋さんはサービスだということで
10分間も多く手間をかけてくれたというわけである。

そこで私は、サンパツが仕上がってから冗談まじりにこう言った。

「君がサービスしようという気持は非常に結構だと思う。
しかし、念入りにやるから10分間余分にかかると
いうことであっては、忙しい人にとって
困るようなことになりはしないか。
もし君が、念入りに、しかも時間も50分でやるというのであれば、
これはほんとうに立派なサービスだと思うのだが......」

PHP総合研究所編『松下幸之助一日一話』PHP研究所より


7)
岸田総理の分配にも関連します。

生産性が低い上に、さらに労働分配率を上げたら、
中小企業はアッという間に破綻します。

ですから、政府も、経営者も、働く人も、
50分で成果をつくり、
10分分を分配に回す智恵がいります。

8)
政府も行政も、悪い事をした議員が給料を
取り続けるような、そういう法案の改正から
生産性を上げるべきですね。

市長さんは、一期4年で
退職金が4000万円だそうです。

吉村知事は退職金返上です。

9)
さて、過日の田舞塾では、
青年会議所時代の友人で、一代で
「アンリ・シャルパンティエ」のブランドを作った
Aさんのご子息が、
阪神淡路大震災後の経営悪化を乗り越えて、
素晴らしい企業にされたお話をお聞きしました。

10)
田舞塾も久しぶりのハイブリットで、
懐かしい顔ぶれと、
懐かしいポートピアホテルの会場で行いました。

Aさんは芦屋JC、私は川西JCですが、
勉強仲間としてお互いに熱心に経営を学びました。
 
11)
お互いに苦しんだり悩んでいる時ですから、
胸の内を訴えあい、卒業後も
ポートピアホテルのサウナで語り合いました。

現社長は「電通」におられ、
私の40歳当時は「電通さん」が、
無償で「NEC」をスポンサーとしてお手伝い頂きました。

12)
その後、電通叩きは異常だったと思います。

田原総一朗さんが、
「電通は、日本の経済をリードするような
 提案をしてきました」

「しかし、経済が回復しない中、
 スポンサーも有効策がなく、
 電通も無理をしたのでしょうね」

13)
もちろん、電通さんにも不備があったことは
事実でしょうが、電通の人たちは
悔しかっただろうと思います。

鬼十訓も随分大げさに拡大解釈されました。

戦後の日本の経営者はこの鬼十訓を
自分の胸に刻んだのです。

JCの友人の病が悪化して、今回の講師である、
株式会社シュゼット・ホールディングスの
代表取締役社長のご子息が活躍します。

14)
次々にイノベーションを打ち出していくのです。

事実を語るのですから講演も、
質疑応答も実に素晴らしいです。

まだ、小さい時にお会いしていますが、
お母さんに「田舞の所で講演してくる」と、
伝えてきてくださったそうです。

15)
以前も、友人がお元気な時には、工場視察と、
ポートピアホテルでも講演・質疑応答でしたが、
親子二代の講演は、田舞塾の
ケース・メソッド授業で初めてです。

経営を真剣に語りあった仲間は
亡くなっても忘れられません。

16)
私の創業よりも、一年早く創業されましたが、
売上高230億円といい、経常利益率10数%といい、
天国で喜んでいる筈です。

お別れ会もポートピアホテルでした。

最後のご挨拶もご立派でした。

17)
講演・質疑応答がおわり、講師をお見送りし、
4人でサウナに入り、
一人の悶々としている青年社長に、

「ここに僕が座り、友人はここに座っていた。
 サウナの中でも経営の話やった!
 君な、クヨクヨするな!」

18)
経営には恐れも不安も心配もつきものです。

だから、お互いに支え合い、
腹を割って話し合う友が必要なのです。

孔子は、
「三人行けば、必ず我が師有り。
 其の善なる者を択びて之に従い、
 ・・・論語・述而第七」


19)
我が友は、まさに我が師です。

未だ、其の善なるものを選ぶ力は
私にはありませんが、ポートピアホテルには、
経営に夢を抱く人たちが集まっていました。

我が友は死ぬまで夢を見た人です。

「之に従い」生きて参ります。



ー煩悩の極致を経て出家・
 作品「悪名」で名高い今東光先生に師事ー

ー生きるということは、
 死ぬ日まで自分の可能性をあきらめず、
 与えられた才能や日々の仕事に
 努力し続けることですー


1)
瀬戸内寂聴先生がお亡くなりになりました。

寂庵は何度も訪れましたが、
鳴門市に別院をつくられ、その時にお祝いに行きました。

2)
遅れて行った事で私一人が独り占めで
お話をいただいたのが最後のお別れです。

3)
夫の教え子に恋をされ、小さい娘をおいて
恋人と駆け落ちされるという奔放さ、
八尾の今東光先生に煩悩をぶつけられ、
出家されます。

4)
寂聴の法名は今東光先生が名付けられたものです。

今東光先生は非常に巨漢の方で、
法話などは豪快そのものでした。

作品「悪名」でも名高いように
本音で語られるお姿も重なります。

5)
日創研設立で、天龍寺の平田精耕管長に
「設立発起人」をお願いにまいりました。

平田管長には、京都に行くたびに
色々とご指導いただきましたが、
「君、これから寂庵に行こう!」

6)
「わしよりも、寂聴さんが発起人にいる方が良い。
 頼んでやるから・・・」と、
夜に天龍寺近くにある寂庵にまいりました。

7)
もちろん、寂聴先生はそういう事は
お引き受けなさる人ではありませんが、
大変歓迎を受けました。

青年会議所時代、不思議に三井寺の老師や、
高田好胤先生などにご縁をいただきました。

8)
思ったらすぐに相手様の事を考えずに訪問したり、
お手紙を書いて念いを綴ったりするタイプですが、
意外とスムーズにお会いしてくださいました。

寂庵にも何度か訪問していました。

9)
若い時、行徳哲男先生のお師匠さんである
田里亦無先生をご紹介いただき、
鎌倉の浄明寺釈迦堂にある田里亦無先生の
ご自宅をお尋ねして「経営禅研究会」入門以来
ご縁が広がりました。

10)
不思議なことに、次々とつながっていくのですね。

松下幸之助翁が、
「自分から縁を切ったらあかん。
 一つの縁の後ろには多くのご縁が存在する」
とおっしゃっていました。

11)
素直に求めれば、
素直に道がひらかれてくるものですね。

唯、探求心が大事であり、
有名人を追いかけてはいけない。

そういうことも学びました。

12)
今東光先生の弟さんは初代文化庁長官になられた
今日出海先生です。

今東光先生は迫力満点。

凄みのある方ですが、どんな人でも頓着せずに
受け入れられます。

13)
今日出海先生はどちらかというとお静かな印象で、
東大の同級生に、
私の大好きな詩人三好達治さんがおられます。

14)
寂聴先生は今東光先生に
影響を受けられていましたから、
「不倫は雷に打たれたようなもの」と、
NHKの番組でも笑い飛ばされていました。

15)
昨年は、死期に近い事を予感されての
必死の執筆活動の報道でした。

番組では「老い」という言葉が多く出ていました。

16)
「人生はな、冥土までの暇つぶしや」とか、
「正しい人生なんてものはない」など、
今東光先生の達観された人生観に
ホッとさせられた人が多かったのです。

私もその一人です。

17)
寂聴先生は、ご自分が煩悩の中に生きられて、
得度されてからの人生はいかばかりかと思います。

18)
朝日新聞が「寂聴」の出典を伝えていました。

「出離者は寂なるか、梵音を聴く」から、
今東光先生が名付けられたそうです。

19)
お墓は岩手県天台寺で、
墓碑には「愛した 書いた 祈った 寂聴」
が入るのでしょうか。

我々はいつかはお墓に入りますが、
貴方はどういう墓碑銘を遺されたいですか。

徳島に行きました折、外から寂聴先生の
お生まれになったお家を見ました。

99年は瞬きですが、
多くの勇気とお言葉を遺して逝かれた寂聴先生は
笑顔で逝かれた筈です。
合掌
ー昨日から始まったリアルSAに三男さんと
 知り合いの女性経営者が受講されているー

ー古典の「大学」の八条目を現代流に解釈すれば
 SA(セルフアウェアネス)から始まるのですー 

ー私は、「物を格(ただ)す」「物に格(いた)る」のも、
 「真に気づく途上の状態」の意味に解していますー



1)
ある方からの嬉しいメールです。

昨日PCをひらくと、

「今日から始まったリアルでのSA研修。
 実は三男が受講しています」

「あと知り合いの女性経営者も受講しています」

のメールです。

2)
メールには、日創研さんのHPより抜粋ということで
内容をご紹介いただき、多くの仲間に
送信いただいています。

誠に光栄なことで、早速ホームページの
リニューアルに気づきました。

●SA セルフアウェアネス(自己認識・気づき)
1. 自分の思考パターン・行動パターンに気づく
2. 真のチームワークの重要性を認識する
3. 可能性に気づき、夢・目標に対する意欲が高まる
4. 強み・弱みを認識し、成長課題を明確にする
5. やり抜く力(GRIT)が身につく

3)
メール

「三男も女性経営者も僕の大切な人です。
 共通の体験、共通の価値観、共通の言語、
 共通の認識を持ちたくてSA研修を薦めました」

4)
気づきの能力は誰もが持っています。

企業経営にも人材育成にも大きな影響を与えるものです。
 

5)
と、同時にそれらを妨げる諸要因があり、
人間の成長を妨げたり、
「企業の発展」を無意識に邪魔するものです。

6)
日創研は、SAコースに始まり、TTコースで
この「気づきの研修」が一つの流れになっています。

もうすぐ修了するTTコースは、4段階目です。

7)
古典の「大学」では、8段階に分かれていますが、
格物から修身迄を5段階にわけて、
身を修める重要性を伝えています。

8)
「大学」は「礼記」という書物の中の一篇ですが、
小成で満足して終わる段階と、
大成する段階が見事に描かれています。

修己治人の学、と言われており、
その9年間の大学校の授業法は、
まるでSAコースなのです。

9)
ただ、厄介なのは、解釈が大きく
朱子学・陽明学によって分かれていくのです。

京都・社長塾で、私の講義は、
どちらも大好きなものですから、
両方を比較しながらお伝えしています。

10)
月刊『理念と経営』には、
「論語と経営」を連載していますから、
現代の経営学として位置付けています。

11)
学問の学は、それ以前は「覚(さとる)」・
「気づく」という文字であり、
学=覚の意味なのです。

12)
ハーバードビジネスレビューでは、
2020年から、
どんなポジションに在ろうと、
ビジネスを行う意味でも、
人財育成をする上でも、
誰もが必要な最重要なスキルだと述べられています。

13)
スタンフォード大学の大学院でも研究されており、
?マインドセット、?GRIT、?アウェアネス
を統合して、体験学習にしたものが、
可能思考・メソッドなのです。

14)
松下幸之助翁が何故経営の神様と
呼ばれるようになったのか?

「気づきの名人」だからなのです。

15)
学校は小学校4年。

4歳で実家が破綻して貧乏のどん底。

その上に家族中が体が弱く
若い時に家族は全員亡くなるのです。

16)
しかし、そういう最悪の状況から、
世界一の実業家として、
タイム誌の表紙に登場されるのです。

17)
松下幸之助翁のお言葉は、
古典の「大学そのまま」であり、
稲盛さんも、柳井さんも
松下経営哲学を身につけたのです。

18)
しかもそれを学んだだけではなく、
気づいて、実践されるから偉大なのです。

小成に甘んじない。大成された人生です。

19)
格物(かくぶつ)とは、物を正すとか、物に至るとか、
読み方も意味の解釈も陽明学朱子学では違いますが、
私は、「物を格(ただ)す」「物に格(いた)る」のも、
「真に気づく途上の状態」の意味に解しています。

そのために、経験と学問がいるのですね。

ー種子蒔く前に芽が出るような、
 夏きたあとに冬くるような
 不自然な考えをどうかしませんように。ー

ー自分の心のエネルギーを
 マイナスからプラスに切り替える力が可能思考
 (自分の心のウイルス退治)ー




1)
11月の入り、リアルSCを皮切りに、
SA,SGAコースと可能思考教育が無事始まり、
修了しています。

万が一、セミナー中に陽性反応者が出た場合、
セミナーは途中でも中止させていただきます。
万が一も想定しながら両面策で進めています。

2)
参加者全員の健康状態をこれまでにないくらい
神経質に気にしながら、無事に進んでおり、
各講師も心からホッとしている状況です。

3)
これまで、何度もリアル開催をご案内しては、
緊急事態宣言や感染拡大で中止と大変ご迷惑をかけました。
お詫びします。

4)
今後もご迷惑をおかけしないように、
?リアル開催強化と?オンライン継続の努力します。

オンラインでの開催が意外な部分で役に立っています。
「可能思考のお陰で
 うちはコロナに負けずに売上伸ばした!」
という報告も多くあります。


5)
「木野君、浮かぬ顔してるなあ」
私が苦労の連続をしていることを見抜いた幸之助に
言われた言葉です。

人の協力も得られない、運転資金にも事欠く状況の
東方電気再建の時でした。

「君な、くよくよしても解決しない。苦労を楽しめるように
なれば道が勝手に開くんや」
(木野 親之『松下幸之助に学ぶ 指導者の365日』コスモ教育出版)

この松下幸之助翁のお言葉が可能思考の原点です。


6)
問題を直視して事実の把握をして、
すぐに思考回路を可能思考に切り替える。
打つ手を考えろ!

7)
上記の要領でこの二年弱、
「問題から逃げるな!策を練る。
解決策を考えろ!」と言い続けました。

結局は、こういう有事の時にどう対応するか?で、
逆に人間は磨かれるのですね。

8)
コロナ発生からすぐに
コロナウイルス対策の動画10本を流しました。
キャッシュ、キャッシュと叫び、
準備が出来たご受講生の方々には、個別に対応して
参りました。思い出深い体験です。

9)
現実認識は、

1. 売上は下がる最悪状況を是認することです。
2. そこで後ろ向きにならない(容認しない)
3. あくまでも意図をもって売上があがる対策を練る。

一日とか、二日とか、クヨクヨと引きずらないで、
素早く対策を練り、すぐに着手する。

ジャロックさんは
アジャイル思考について述べられますが、
手順は可能思考そのものです。

即断即決
(但し訓練がいるし、経験の積み重ねがいるし、
 クリアリングメソッドがいる)
 

10)
一年間の最悪の状況でのオンラインSAは、
「瓢箪から駒が出る!絶対出るんや!」
と講義しましたが、実際に講義を受け入れて
「瓢箪から駒が出た!」企業さんもあります。

11)
問題解決の最善策は、

君な、くよくよしても解決しない。
苦労を楽しめるようになれば道が勝手に開くんや!

のお言葉です。

12)
困っても困ったらあかん、自ら断崖の淵に立て!
ビジョン経営沖縄セミナーでの木野親之先生の講義です。

13)
人生ですから人間は大いに困ることがあるのです。
避けがたいのが人生なのですね。試練ともいえます。

14)
松下幸之助翁も困られた。大いに困られた。
コロナ問題の比ではないわけです。
金もない、何もない。
その上に財閥指定で、身動きが取れない!
 
15)
しかし、可能思考ですね。自分の心のエネルギーを
マイナスからプラスに切り替える力が可能思考です。

困ったことが起きたことと、
困った気持ちを合体させないわけです。


16)
例えば、駅の構内で切符の入った財布を無くした状況です。
金はないし、切符はないし、・・・困った。

しかし、「方法はいくらでもあると考える習慣
(可能思考)」を身につけていると
「方法は生じる」のです。

17)
人間の視野についての講義をしました。
人間は生まれた時に「漠然と周辺を見ます」
周辺視点には答えはありません。

18)
しかし、中心視点で物事を見ると、
そこに明確な意図や目的や意味の発見や、
可能性が見えるのです。

赤ちゃんが成長するとは、言葉を獲得するというのは、
漠然な周辺ではなく、人間の脳が意志を持つからです。

19)
専門用語では「周辺抑制」と言います。
脳の中に組み込まれているものですが、
それらを企業経営と、気づきの能力として
論理だてたものです。
中心視点を意図をもって見ると、
気づき・可能性が見えます。

20)
松下幸之助翁のお言葉は、周辺抑制をしなさい。
(つまり、周辺に惑わされるな・
 解決の中心・本質を見よ)

問題解決力は、周辺に惑わされないで、
絶えず、目的や意味や解決後の姿を見ることで
生じるものです。

アフターコロナ対策だけではなく、
人生や仕事や経営の発展を邪魔する周辺を防衛し、
目的からずれないことですね。


ーリアルSAコースや、SCコースや、
 SGAコースが始まっています。
 オンラインは同じですが、リアルも強化ですー

ー学歴にとらわれず、さまざまな学習の成果が
 適切に評価される社会が到来する時代ー



1)
リアルSAコースや、SCコースや、
SGAコースが始まっています。

オンラインは同じですが、リアル強化です。

昨日は、広島のサンポールさんの山根社長と
阿部社長・築林社長の対談を、
700名程のオンラインで開催しました。

2)
今日は、日創研・経営研究会の副会長が、
それぞれのアフターコロナ対策を語り合います。

実体験ですから、色々な提案や、
実践してこられたお話です。

3)
本年度の理事会が無事に終了しましたが、
香川の全国大会の池田さんのお顔を見て、
非常に懐かしいです。

リアルかオンラインか、
当事者としてご苦労をおかけしました。

4)
弘法大師・空海さんのお話のご縁をいただきました。

空海さんは志を抱いて唐に渡りますが、
私の故郷平戸島からと、
五島列島からの出航という二つの伝承があります。

5)
小さな頃から平戸からお船に乗られたとのことを
信じていましたが、平戸の観光歴史課では、
両方伝承であり、確たるものはないという史実が
明確になりました。

何でも「分かっているつもり」でも、調べるべきです。

6)
ただ、西の高野山と言われる「最教寺」があり、
66寺巡りもあって、南蛮貿易が盛んと同時に、
信仰心の厚い島ですね。

建仁寺の「栄西禅師」は、史実として間違いなく
帰国の際は平戸島に帰港しています。

7)
さて、サンポールの山根社長は、
普通の主婦からいきなり、
創業者のご逝去後にやむなく「社長ご就任」です。

広島の多くの皆様方の後押しで、
可能思考・メソッドをご受講されます。

8)
そして、
TTコース(企業内教育インストラクター養成コース)
で多くを学ばれます。

女性は強しですね。

お父様の経営者魂を引き継いでおられるのでしょうね。

果敢にチャレンジです。
 
9)
田舞通信お読みの皆様の社旗など、
ポールに関しては日本一です。

技術、売上、利益と断トツの経営です。

10)
月刊『理念と経営』にも今年ご登場いただいていますし、
田舞塾のケース・メソッド授業にも取り上げられました。

丁度、外注だったものを内製化する時期でもあり、
決断されて良かったと思います。

11)
ご子息がご立派で、TTコースや、田舞塾や、
新しい時代の社長学にも御参加で猛烈に学ばれています。

お若いのですが、社長とお二人で「京都・社長塾」でも、
論語と経営シリーズや古典を学んでいただいています。

12)
来年は、経営学は人物学とか、経営幹部の戦略参謀とか、
私は色々な部分を担当させていただきますが、
DX=CX=MXの、3条件が揃わないと、
中小企業でのIT戦略は失敗すると思っています。

13)
不可欠な時代ですし、
大きく外部環境は変わってきていますが、
戦略そのものの構造化ができていないで、
WEBでの勝負には費用対効果を疑問視しています。

14)
我々が挑戦したのが6年、7年前です。

動画を撮りながら無料配信などを行いましたが、
時期尚早でした。

しかし、3年前から導入し、
現在も必死で取り組んでいます。

15)
日創研には、元SEが2人いて、
色々なトライを試みています。

プジェクトチームも走っておりますが、
簡単にDXなどとはいえません。

やはり、人財あっての成功であり、
DXはEXであり、MXという実感です。

16)
やってもいないで言うのではなく、
コヤマ・システムの佐野社長も
経営フォーラムで語っておられましたし、
真鍋さんはどんどんトライするタイプですが、
素晴らしい経営幹部がいるからうまくいくのです。
 
17)
いやはや、コロナウイルスの次は
IT改革でかなりの努力がいりますが、
スタッフの努力の有難みがよくわかります。

18)
ただ、真剣な経営革新には、色々な現象が起こりますが、
不思議にチャレンジ精神は衰えません。

一つは、チャレンジゾーンに
多くのスタッフがいることです。

私はパニックゾーンですが、GRITしかないです。

19)
今日は私も、末武講師、松原講師に引き続き、
アフターコロナの対策の90分講演です。

成功事例が多くありますので、それらを加えながら、
価格戦略より価値戦略の「価値の作り方」です。

20)
過日の「箕面加古川山荘・明徳庵」では、
K社長以下経営幹部が多数合宿されていました。

リアルの時は、毎週可能思考・メソッドSAコースや、
SCコースにも派遣社員さんをお迎えでした。

やはり、人財ですね。

そして、経営参謀が不可欠な時代です。

驚くような飛躍を、このコロナの中で遂げておられます。

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

アイテム

  • home_visual02.jpg
  • tamaitsushin01.jpg
  • IMG_9808伊與田先生.JPG
  • P1020602.JPG
  • P1020493.JPG
  • P1020555.JPG
  • IMG_2510.jpg
  • IMG_2463.jpg
  • 整理3.JPG
  • 整理2.JPG

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。